<   2014年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

デング熱

e0183106_20574186.jpg

代々木公園で蚊に刺されてデング熱に感染した人が出た事がニュースになっています。
私、実はずっと「テング」熱だと思ってました(大汗)

鼻が赤くなる?
鼻が伸びる?まさか!

いやはや、無知は恐ろしい…



by river_kingfisher | 2014-08-31 21:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

BT-A10互換品作製:完成

昨日のBT-A10互換品作製ですが、動作確認中にブログを投稿したので、完成形を載せてなかったので完成写真を投稿。
e0183106_1283730.jpg

e0183106_1284358.jpg

裏側のむき出しの接点はエポキシ樹脂でカバーしときました。
接点をカバーしてつや消し黒で塗装してやれば、もう少し見栄えが良くなると思いますが、自分でひっそり使うだけなのでこれで終了。

ちなみに、本体はABSナチュラル色の某S社の10個箱ですが、在庫が切れたので、某O社の10個箱を使ったのでブルーになってます。



by river_kingfisher | 2014-08-30 12:13 | 日曜大工 | Trackback | Comments(0)

BT-A10互換品作製

Finepix XP200の充電アダプターを作製した時に、「この勢いでD4の充電器MH-26aでD3の電池EN-EL4が充電できるように、アダプターを作ろうかなぁ‥‥。BT-A10という製品が有るんだけど、5,400円もするんだよねぇ〜」と書きましたが、重い腰を上げて作りました。
事前にBT-A10は内部に回路は持ってなくて、単に接点位置を移動しているだけという内部情報をもらってあるので、安心して作業します。

まずはD4のチャージャーに履かせる下駄の作製。いつものようにABSを適当に切り出して作ります。
e0183106_20333255.jpg

裏側の嵌合部はこんな感じです。
e0183106_2033317.jpg
勘合部分が面倒だったけど、現物合わせで適当に貼り合わせて作ってあります。

次はD4チャージャー側の電極作製。0.3mm厚の洋白板を使用。
e0183106_2033321.jpg
オリジナルは両側から挟み込む接点がそれぞれ2系統有るのだけど、楽に作れる片バネで1系統で済ませる。
e0183106_2033332.jpg
試しにひとつ作ってみたらいい感じだったので、これで行くことにした。

プラス・マイナス・アースが各2系統有るけど、面倒なので各1で済ませることにした。
e0183106_20384944.jpg
裏側は差し込んだ接点の足を2つに割って折り曲げて固定。
e0183106_2033343.jpg

ここで気付いた。
今どきの賢い電池はチャージャーと通信してるから、単にアースが1本だけではないんじゃないかい?
テスターで測ってみたら予想通り真ん中の2本は導通していないので、別々の回路が必要となる。でも、もう接点を固定する場所が無い!

仕方ないので重なる部分の折り曲げを小さくしてもう一つ通るスキマを作り、絶縁の下駄を履かせて2段構造にする。
e0183106_20333476.jpg

電極をもう一つ増やして設置。
e0183106_20333530.jpg
こんなことなら、一番左のプラス接点を使えば良かった・・・

引き続き、D3電池側の電極を作製する。これも同じ0.3の洋白。
e0183106_20333529.jpg
オリジナルのオスは0.6mm厚だったので、折り返して厚さを作り、それで抜け止めを兼ねさせる。

今度はプラスは端の端子を使うことにした。
e0183106_20333658.jpg

それぞれを結線して、とりあえず完成。
e0183106_20333674.jpg

D3の電池が収まるように勘合部分を作製する。これも現物合わせ。
e0183106_20333734.jpg

とりあえず作動テストを行ってみた。
e0183106_20333765.jpg
ちゃんとパイロットランプが点滅して充電を開始した!

後は充電終了した電池をD3で確認して、問題がなければ蓋をして完成。

現在1個目の電池は充電終了し、D3にセットしての確認もOK。
更に2個目をテスト充電中。

■2014/8/30追記:テストがOKだったので、カバーを作って完成しました。



by river_kingfisher | 2014-08-29 21:05 | 日曜大工 | Trackback | Comments(0)

Streets of FIre

e0183106_18285292.jpg

先日NHKのBSで「Streets of FIre」をやっていたので、録画しておいて今日観た。
もう30年前の1984年の映画なのだけど、ちょっとワクワクさせるロックンロールのミュージカル風映画だ。西部劇のストーリーを時代不明の現代に持ってきて、主人公の相棒に女兵士を挟み込み、全編ロック音楽でくるんだお伽話。衣装はなんとジョルジオ・アルマーニ!

歌のシーンが、劇中のショーやミュージシャンが売り込むために歌ってみせる、という使われ方をしているために、その場にない楽器演奏に乗せていきなり歌い始めるミュージカルの唐突さ(それも好きなんだが…)はなく、不自然さがない。
公開年度の「キネマ旬報」で、読者による選出のベストワンに選ばれただけの事はある。聞いた話では、当時一番売れたレーザーディスク!ということだ。
吹き替えで話題になったダイアン・レインだが、今見ても不自然さがなくいい感じだ。



しかし、さすがに前回見てから30年も経つと、細かい部分はきれいさっぱり忘れてしまっていている。しかし、要所要所のグラフィックは覚えていて、イメージによる記憶力の強さにびっくりした。

とても面白い映画なので、機会があったらぜひ観て下さい。

※ちなみに、上のYouTube動画はなかなか良く出来た編集で、あらすじが分かってしまうので映画を観る気なら見ないほうがいいかも知れません。



by river_kingfisher | 2014-08-28 18:44 | 映画 | Trackback | Comments(2)

アウトレットパーク入間

e0183106_11532945.jpg

ZILっぺを修理に出しに狭山に来たので、ついでに三井アウトレットパーク入間に来てみました。いつも混み合っているので実は来るのは初めてです。
雨の平日なのに結構お客さんがいてびっくりです。もっとすいていると思った。
e0183106_11532157.jpg
嫁さんはあちこちの店をのぞいてますが、私としては、隣のコストコの方が興味があるなぁ。会員じゃないから入れないけど(笑)




by river_kingfisher | 2014-08-27 11:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

真鍮の評決

マイクル・コナリー著の「真鍮の評決」。
e0183106_22305386.jpg
リンカーン弁護士シリーズの第2作。刑事ハリー・ボッシュも登場して、なかなか楽しめる内容になっている。
法廷闘争の妙だけでなく、刑事物のハラハラもあって目が離せず、夜中の1時半までかかって上下巻を最後まで一気に読んでしまった。

やっぱりマイクル・コナリーは凄い!






by river_kingfisher | 2014-08-27 09:29 | | Trackback | Comments(0)

2014ペルー旅行

e0183106_11185984.jpg2014/7/11〜22の12日間、ペルーに旅行に行った時のIndexです。前半は現地からスマホで、後半は帰ってきてからPCをでUPしてます。エントリによってカテゴリが「旅行」以外になっているので、Indexを作りました。

7/22 ビジネス機内食 [ 2014-07-30 14:05 ]
7/22 羽田に到着 [ 2014-07-22 22:22 ]
7/21 サンフランシスコに到着 [ 2014-07-21 17:53 ]
7/21 ロサンゼルスに到着 [ 2014-07-21 16:30 ]
7/21 インカの黄金 [ 2014-07-21 18:57 ]
7/20 高所対策 [ 2014-07-20 22:38 ]
7/19 モライの遺跡 [ 2014-07-19 19:59 ]
7/19 ミドリハチドリ [ 2014-07-19 19:22 ]
7/19 塩の棚田 [ 2014-07-19 17:40 ]
7/18 マチュピチュ:その5(インカ橋) [ 2014-08-26 07:40 ]
7/18 マチュピチュ:その4(コンドルの神殿) [ 2014-08-23 23:01 ]
7/18 マチュピチュ:その3(太陽の神殿) [ 2014-08-13 07:41 ]
7/18 マチュピチュ:その2(全景) [ 2014-08-06 07:30 ]
7/18 マチュピチュ [ 2014-07-18 17:59 ]
7/18 マチュピチュ:その1(インカレイル) [ 2014-08-04 08:23 ]
7/18 アグエスカリエンテスの朝 [ 2014-07-18 07:41 ]
7/18 エンビモリハチドリ Fork-tailed Woodnymph [ 2014-07-18 05:48 ]
7/17 アグエスカリエンテスに移動 [ 2014-07-17 18:19 ]
7/17 リマからアグエスカリエンテスへ [ 2014-07-17 22:14 ]
7/17 また、移動 [ 2014-07-17 06:41 ]
7/16 ペルーペリカン [ 2014-07-16 21:54 ]
7/16 廃棄航空機 [ 2014-07-17 20:32 ]
7/16 ナスカの地上絵は意外に小さかった [ 2014-07-16 17:33 ]
7/16 リマからナスカへ [ 2014-07-16 07:10 ]
7/15 再びリマ [ 2014-07-15 18:49 ]
7/15 やっぱり、アルゼンチン・タンゴ [ 2014-07-15 17:16 ]
7/15 ブエノスアイレスに到着 [ 2014-07-15 14:21 ]
7/15 イグアス空港 [ 2014-07-15 11:16 ]
7/14 ブラジルなのに [ 2014-07-14 21:31 ]
7/14 ナンベイタゲリ [ 2014-08-03 07:05 ]
7/14 コンドル柱 [ 2014-08-01 12:20 ]
7/14 イグアスの滝 [ 2014-07-14 19:07 ]
7/13 イグアス到着 [ 2014-07-13 19:11 ]
7/13 リマ到着 [ 2014-07-13 01:28 ]
7/12 LAN AIR [ 2014-07-12 12:48 ]
7/12 リトル・トーキョー [ 2014-07-12 10:30 ]
7/12 ハンバーガー [ 2014-07-12 01:06 ]
7/11 サンフランシスコ [ 2014-07-11 19:32 ]
7/11 ロサンゼルス [ 2014-07-11 18:46 ]
7/11 羽田空港 [ 2014-07-11 20:24 ]


■他の旅行のIndexはこちら



by river_kingfisher | 2014-08-26 08:00 | 旅行Index | Trackback

マチュピチュ:その5(インカ橋)

午前中の観光が終わって入口まで戻り、いったん外に出てマチュピチュ・サンクチュアリロッジ・ホテルで昼食を食べます。なぜか写真が一枚もないのでどんな食事だったかうろ覚え。ビュッフェ形式でまあまあのレベルだったような記憶がありますが、定かじゃないです。
お昼の後はこのツアーでは数少ない自由行動だったので、もう一度遺跡に戻りインカ道を歩いてみます。

これが本来のインカ道。王様の興しが通るため十分な幅が確保されているし、インカ橋への道ほど険しい断崖に有るわけでは無いです。
e0183106_1655169.jpg
右端から左上の谷間までずっと続いています。谷間には「太陽の門」があり、徒歩で片道1時間ほどだそうです。画面のちょうど真ん中辺りに小さな遺跡があり、後ほどそこまで行ってみました。

午前中の写真と異なり、西側からの光を浴びた遺跡。
e0183106_1752341.jpg
インカ橋への道はこちら側から歩いていきます。

途中のゲートで通る人の氏名と時間を記入させ、観光客が滑落していないかをチェックしているのが十分にうなずける、日本じゃ考えられない危ない道を歩きます。
e0183106_1763389.jpg
ここは敵から逃げるための裏道らしく、王様が普段通る太陽の門に通じる道とは段違いに狭く険しい部分があります。
e0183106_17104577.jpg
うちの嫁さんもおっかなびっくりで歩いてます。落ちたらただじゃ済まないです。

30分位歩くと、インカ橋にたどり着きます。ここは更に狭くなっています。
e0183106_10165293.jpg

インカ橋は敵が攻めてきた時の逃げ道として、この橋を落とすことにより敵の追撃を防ぐようになっていると言われています。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(80mm), 1/800s, f/9.0, ISO400,

オーバーハングした絶壁に石を積むことにより道が作られており、メンテナンス用の階段が石積みの中に作られているのが分かります。

観光客は立入禁止で、橋の手前で入れなくなっています。
e0183106_172945100.jpg

しかし、どこの国にもこういう人はいるわけで、やっぱり乗り越えてました。
e0183106_1730339.jpg
でも、さすがに橋は足でつついただけで渡りはしなかったです(笑)。

もう1回位でマチュピチュは終わりだと思います。



マチュピチュ:2014-07-18 17:59 現地から投稿
マチュピチュ:その1(インカレイル): 2014-08-04 08:23投稿
マチュピチュ:その2(全景): 2014-08-06 07:30投稿
マチュピチュ:その3(太陽の神殿): 2014-08-13 07:41投稿
マチュピチュ:その4(コンドルの神殿): 2014-08-23 23:01投稿
マチュピチュ:その5(インカ橋): 2014-08-26 07:40投稿





by river_kingfisher | 2014-08-26 07:40 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

エアコン修理の相見積もり中

トヨペットの見積もりの高さにビビって、ZILっぺを買った販売店のフジカーズで相見積もり中。
e0183106_11474435.jpg
リアクーラーの電磁バルブの固着も直さなくちゃいけないので、それも合わせて修理を考えるとディーラーよりもビルダーの方がトータルでは安くなると推測してます。

しかし、最近キャンピングカーが人気だという話を聞きますが、この店の在庫を見るとほんとだなあと感じます。
e0183106_11512374.jpg
私が買った時の倍は駐車してます。
ざっと見た中には、買い換えたいと思う車は無かったのでホットしてます(笑)。

いちごさんのアミティは、とっくに売れちゃったみたいですよー



by river_kingfisher | 2014-08-25 11:54 | ZIL480車内 | Trackback | Comments(2)

昔の遺品

押し入れを整理していたら、昔スキーに熱中していた頃の遺品が出てきた。

e0183106_9275636.jpg

左上の黄色い箱はTOKOのワックス。札幌オリンピックでは「スイスのワックス、世界を制する!」と話題になったもんだよ・・・。もう41年も前の事なんだよね。

右上のコルクは、塗りつけたワックスをこすって摩擦熱で広げるもの。左中段の黄色いスクレーパーで最後に平滑にならす。

真ん中のヤスリはエッジを研ぐためのもの。自宅ではもっと大きなヤスリを使っていたが、これは現地での調整用。
右の黄色いチューブと下の赤い缶は、皮のグローブの保守用。実は下の赤い缶は野球のグローブ用だけど(笑)
左の金属のレンチは、当時使っていたビンディング(LOOK Nevada)の調整用。このビンディングはバネがきつくて、このレンチがないと調整は出来なかった。
六角レンチは多分ブーツの調整用じゃないかと思う。当時はいていたUSAハンソンのネジはインチだったので、出先ではまず手にはいらないから必ず持っていたのだ。

下段真ん中はNevadaの流れ止め(スキーリーシュ)。普段ゲレンデを滑る時はリリース・ブレーキを使っていたが、新雪を滑る時はこの流れ止めを使っていた。新雪の中で外れたスキーを探すのはめちゃくちゃ大変なんですよ。これもNevadaの純正品。


こういうのを持って、ワクワク気分で出かけたんだろうなぁ・・・
e0183106_20393138.jpg
ただし、この写真の時はもうNevadaは使ってません。軽いサロモンです。だって、Nevadaは重いんだもの(笑)←知ってる人は分かる。
ブーツもハンソンじゃなくて、代替わりしている。ブランドは覚えてないです。



by river_kingfisher | 2014-08-25 09:46 | その他 | Trackback | Comments(5)