<   2013年 06月 ( 60 )   > この月の画像一覧

長瀞下り

6/25(火)に荒川の上流、長瀞を下ってみました。
まずはネットで調べたゴールポイントの偵察。
e0183106_14195298.jpg
瀬からゴールまでの距離が短いと書かれていたので、実際に確認してみる。なんとかなりそうなので、トライすることに決定!

「とうちゃん!ほんとにこんな所を下るのか?」とサチが心配そう。
e0183106_14212437.jpg
大丈夫、ここは下らないから。
ってか、お前は今回はZILっぺで留守番だから。

スタート地点の親鼻へ移動。
e0183106_1314254.jpg
ブルー号を組み立てる。
e0183106_1312870.jpg
ブルー号はここに置いて、もう一度ゴール地点に移動する。
e0183106_14195399.jpg

ゴールの樋口に着いたら、電車の時間までわずかしか残っていなかったので、焦って秩父鉄道樋口駅に向かう。遠回りをして、一汗かいてしまう。
電車は1時間に2本しか無いので、乗り過ごすと無駄に時間を取られてしまう。
e0183106_14295825.jpg
親鼻駅まで電車で登り、ブルー号を置いた河原まで20分ほど歩く。

本日のコースはこんな感じです。
e0183106_1436164.jpg
Yonekuraさんの漕艇記録を参考にさせて頂いています。

e0183106_14401190.jpg
スタート直後はゆるやかで、この時点ではゆとりたっぷり(笑)。
しかし、余裕をかましていたら「ヤナの瀬」であっさり浅瀬に引っかかり、横を向いてしまった。
e0183106_14431175.jpg
もっと深くて流れが早かったら危険なケースなので、撮影は適当にして操船に専念することにする。
最大の難関「小滝の瀬」は慎重に下船してスカウティング。
e0183106_14464875.jpg
想像以上で、ちょっとビビルがもう後には引けないので突破することにする。
e0183106_14525950.jpg
ラフティングの連中はゆとりたっぷりで、笑顔にVサインで突っ込んでいくし・・・

無我夢中で小滝の瀬を下って、びしょ濡れになってライン下り発着所に到着。
e0183106_14553358.jpg
ここでブルー号をひっくり返して中の水を排水する。ポンプでシュカシュカやるよりも、この方が確実で簡単ということが分かった。

コースの後半に入って「高砂橋」が見えてきた所で、左の岸辺にシギチがいるのを発見。
e0183106_1555910.jpg

アイリングが無いので、イカルチドリです。
e0183106_156167.jpg
ISO100なんですが、等倍ピクセル近くに拡大すると、水彩画のように塗りつぶされています。やはりコンデジの1600万画素なんてこんなものでしょう。

サイコロ岩が見えてきたので、操船に専念します。
e0183106_15115577.jpg

この後は連続する1.5〜2級の瀬に翻弄されて、くたくたになった所で遠くにZILっぺが見えてきてホッとします。
e0183106_15164281.jpg

「やった!なんとか下れた(^_^)V」

思えば、この安心感が気のゆるみを産んだんでしょう・・・・


思い出したくも無いエピローグは次回だ!






by river_kingfisher | 2013-06-30 17:15 | カヤック | Trackback | Comments(6)

カヤック教室に参加してきました

遅まきながら、川下りを基本から学ぼうと、カヤック教室に参加してきました。教室は青梅の御岳にあるグラビティの「流れ入門コース」。
e0183106_2125820.jpg
JR沢井駅の対岸にある、寒山寺駐車場にZILっぺを止めて、買ってきたコンビニ弁当で昼食。
グラビティはこの駐車場のすぐ上にあります。
e0183106_21302167.jpg

準備をした後対岸に渡り、艇庫から使用する船を指示されます。(実は、かついで河原まで降りるのがちょっとシンドイ…)
e0183106_21305352.jpg

吊り橋の上流側で基本ストローク、エディへの入り方、フェリー・グライドなどを学習。
e0183106_21331777.jpg
やはり我流でやってきたので、基本ができてないからなかなかうまく行きません。
一番右側が私。
e0183106_141754.jpg


それでも、流れを横切ってなんとか目的の場所へたどり着くことは出来るようになりました。
e0183106_21345784.jpg

最後は沈脱を実際にやってみて(希望者は私だけ)終了。

いやはや、流水は難しいです。



by river_kingfisher | 2013-06-29 21:38 | カヤック | Trackback | Comments(0)

フルーツ好き

e0183106_10233567.jpg

私はフルーツが好きだ。
嫁さんも、フルーツが好きだ。
なので、ノンタンもフルーツが大好きだ。


e0183106_17442862.jpg

もちろん、サチも大好きだ。



by river_kingfisher | 2013-06-28 17:22 | ペット | Trackback | Comments(2)

嫁さんの車にナビ

e0183106_1842891.jpg
キュートちゃん(嫁さんの車)にナビが欲しいと言うので、適当に検索して日本メーカーの安いのを入手。
ユピテルのYPB718si。ネットで適当に安い店を検索して¥18,810円で購入。
e0183106_18444459.jpg
中身はこんな感じで、シガーソケットからのUSB電源と、マウントキットが同梱されている。ちなみに、このマウントキットは別途購入すると ¥8,600円 ¥6,300 らしい。高い!
e0183106_18453836.jpg
充電して電源を入れたら、なぜか上野にいることになっていた。上野に本社があるのかしらん?

とりあえず、車に設置してみたが、少し反応が遅いけどまあまあ使えそう。
e0183106_9344080.jpg

データの更新は出来ない仕様なので、マップデータが古くなったところで使い捨てになる。
MP3音楽再生と、jpeg画像ビュワーとしては使えますけどね。


■2016/11/26追記
なぜかこの記事だけにスパムコメントが続出するので、同じ内容で別記事を作り、前のエントリは非表示にしてみます。





by river_kingfisher | 2013-06-27 18:50 | PC | Trackback | Comments(0)

バンクのスライドストッパー

徒労に終わったバンク分解」でZILっぺのバンクのスライドを無くして、バンクの有効容積を拡大する作戦はあきらめた。で、現在はバンクは常時展開した状態で物置として使用している。このスライド部は押し込んでたたんだ状態ではロックすることができるが、展開した状態ではロックは出来ない。

写真のようにAVラック(笑)をスライド部にまたがって設置したので、展開した状態でロックすることにした。
e0183106_2223221.jpg
ルーフキャリー再作製:その1で切り出した2mm厚のアルミが端材置き場にあったので、これを使用する。(写真はその時の物)
e0183106_130258.jpg

バンクのスライドの立ち上がり部分の厚さで折り曲げる。
e0183106_14554435.jpg

これを立ち上がり部分の端に差し込む。
e0183106_1456390.jpg

これで終了!
e0183106_14564620.jpg
両側に差し込んであるので、しっかりロックできてます。浮いているのは、折り曲げ量を調整して浮き無しにしました。

端材を使用したのでプライスレス(笑)
by river_kingfisher | 2013-06-26 17:46 | ZIL480車内 | Trackback | Comments(0)

傘の置き場所

ZILっぺの中にビニール傘を置いておく適当な場所がある。
e0183106_1205774.jpg
ベッドの拡張部分の下側がちょうど良いので、ずっとここに置いてあるのだが、振動で落ちてくる。
そこで、ゴムひもをループにして取り付けた。
e0183106_1223668.jpg
e0183106_1233989.jpg
単にそれだけなんだけど、傘をしまう時にこのループに差し込むと落ちない。
e0183106_1242013.jpg
もっと早くやれば良かった・・・

※傘の柄の赤いビニールテープは盗難防止用です。ビニ傘だと皆さん気軽に間違えていくから・・・
by river_kingfisher | 2013-06-25 18:00 | ZIL480車内 | Trackback | Comments(0)

清水タンク置き方

ZILっぺの清水タンクは19Lのポリタンがキッチンの冷蔵庫の横にある、内外両方からアクセスできる物入れに設置してある。
e0183106_2044126.jpg
本来の置き方は上の写真のスタイルだけど、この向きで搭載すると他にろくな物は入れられない。
そこで、私は90度回転させて載せていた。こうすると横に物を載せるスペースができるのだ。
e0183106_20144447.jpg
この置き方だと、ちょっとはみ出すような感じになるが、ぎりぎりパッキンの内側に収まるためドアを閉めることが出来るので、運用には問題はない。
e0183106_20165319.jpg
しかし、見た目があまり良くないのと、右側の空きスペースが使いにくいので、きちんと仕切り板を付けることにした。
まず、縦向きに載せると若干当たりのある場所をナイフで削って置く。
e0183106_20354079.jpg
何度もチェックして、出し入れが出来る最小ゆとりで仕切り板を設置する。
e0183106_20373993.jpg

ワンダホーでビューテホーな設置状況。あまりにぴったりなので、ゴムひもによる固定は不要になった。
e0183106_20384214.jpg

後は、プラダンを1枚敷いて手前の入り口との段差を解消し、ついでに床のこすれと結露による水濡れ防止をする。
e0183106_1524287.jpg

右側のスペースは中に何を入れるか悩んだが、とりあえず棚を作ってペットボトルと予備のガスを置けるようにした。
e0183106_1529250.jpg
2Lのペットボトルが3本入る。
by river_kingfisher | 2013-06-24 20:03 | ZIL480車内 | Trackback | Comments(2)

うなぎ

e0183106_208446.jpg
松¥2,500円。
高いけど、満足(^-^)v
by river_kingfisher | 2013-06-23 20:05 | 料理 | Trackback | Comments(0)

電圧計設置

e0183106_129522.jpg
ケースを作製したまま放ってあった、ぱんたさんから頂いた電圧計をやっとZILっぺに取り付けた。
場所をどこにしようか悩んだけど、結局前の冷蔵庫温度計と一体になっている電圧計と並べて設置。3段重ねの一番上は車外温度計。
e0183106_1284613.jpg
しかし、2年前の納車時には13.6Vも有ったんだなぁ・・・このバッテリー。
ヘタってきてすぐに電力危機に陥るから、そろそろ換え時なのかも。
by river_kingfisher | 2013-06-23 18:08 | ZIL480車内 | Trackback | Comments(0)

懐中電灯ホルダー設置

e0183106_153367.jpg
懐中電灯ホルダーのエントリーで作製したホルダーをZILっぺに設置した。
以前なら傷を嫌って両面テープ留めにしたと思うが、今は気にせず確実を期してネジ止め。

ネタがないから、それだけです、スンマセン。
by river_kingfisher | 2013-06-21 15:03 | ZIL480車内 | Trackback | Comments(2)