<   2012年 08月 ( 57 )   > この月の画像一覧

富士山型の着弾

ミリオタじゃないんですが、ネタが無いの総火演の続き。
e0183106_8271780.jpg

いろいろと面白い出し物がありましたが、技術的にすごいなと思ったのがこの富士山型の着弾。

多数の砲から打ち出された砲弾が、狙った場所(それも空中)でぴったり同時に炸裂、というのはなにげにものすごいです。
発射地点から3kmほど先で、これだけの精度で爆発させられるんですねぇ・・・
by river_kingfisher | 2012-08-31 08:31 | 鉄鳥 | Comments(2)

10式戦車のスラローム射撃

e0183106_0382952.jpg

こういうのを投稿していると、自分がミリオタになったみたいな気がするな・・・



2013/02/18:なぜかYoutubeのリンク先がサチの鼻芸3に変わっていたので、リンクし直し。
by river_kingfisher | 2012-08-30 06:30 | 鉄鳥 | Comments(9)

SDカードは安いんだけど・・・

コンデジで突然画像が記録できなくなった。
あれれ?と思ってSDカードを抜き出してみたら、端子の境目と左の枠が無くなっている。そもそも上下のハウジングが浮いてきて、中の基盤も見えている・・・
よ〜く見てみたら、書き込み禁止にするノッチが無くなっていた。

どうすりゃいいんだ?とググってみたら、あの動かせるノッチはエレキではなく、昔のフロッピーのように機械的に認識しているようだ。
e0183106_8355110.jpg
カメラの中からポロリと出てきた破片を適当なサイズにして、本来ノッチがあるべき場所に瞬間接着剤で固定してカメラに戻してみたらOK!
ついでに剥がれた上下のハウジングも瞬間で固めて修理完了。

SDカードをは値段が安いけど、構造的に信頼できませんね。
EOS 1D XがSDを止めた訳です。プロ用の機器には似合いません。

そもそも、このSDカードの書き込み禁止ノッチは一度も使ったことがない。出先での書き込み禁止状態になるのを避けるために、他のカードも瞬間で固定しちゃいました。

※本当は今日の更新は肉球のはずだったのに、予約にチェックせずに投稿しちゃったので、あわてて本日分を投稿(笑)
by river_kingfisher | 2012-08-29 08:44 | PC | Comments(0)

肉球

e0183106_22512438.jpg


画像を整理していたら去年の11月のフォルダにノンタンの肉球を写した画像があったので、投稿ネタの少なさの苦し紛れに・・・・
何のために撮影したのか不明です。
家猫の肉球はつやつやしてきれいですねぇー


あらあら、予約投稿したつもりがそのまま投稿されてた・・・
ま、いいけどね。



by river_kingfisher | 2012-08-29 06:50 | ペット | Comments(0)

2012富士総合火力演習

e0183106_19225855.jpg

Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D +TC14E, 1/160s, f/11, ISO200, Raw, NoTrim

前から行ってみたかった、富士総合火力演習に行って来ました。
ミリオタじゃないので、何がなんだかよく分からなかったですが、戦車砲の凄さはよ〜〜く分かりました。
あと、地面にいる物体を写真に撮りたければ、後ろのスタンド席に行かなきゃダメだというのもよく分かりました。

次回(があるかどうか分かりませんけど)はスタンド席に長玉を持って行きたいと思います。
by river_kingfisher | 2012-08-28 06:22 | 鉄鳥 | Comments(3)

あなたへ

e0183106_22414084.jpg
NIKON COOLPIX S9300, 25mm, 1/250sec, F3.5, ISO320

高倉健主演の「あなたへ」を見てきた。
キャンピングカーで旅するロードムービーということで、期待したのだけど・・・

かなり期待はずれ。

そもそも健さんは81歳でしたっけ?
そのものズバリの年齢に見えました。ちょっと役どころに無理がある気がします。
いや、健さんは嫌いじゃないんだけど、やっぱり無理があり過ぎですよ。
SFXを使っていると思うけど、どの回想場面も今とそんなに変わらないし。

ストーリーも、もう一捻りあるのかと思っていたら終わっちゃったし。
そんな訳で、かなり評価は低いです。

ところで、ビートたけしの役どころですが、キャンカーからジャケットを着て降りてくるのがすごく違和感があったのだけど、あれはなんですかね?
解説してくれないと意味が分からんです。

エンドロールでナッツが無かった気がするけど、あのクレソンは自前なんですかね?
by river_kingfisher | 2012-08-27 06:40 | 映画 | Comments(0)

フェリーの食事:その3

帰りの夕食はまだ入ってなかったバイキングスタイルのレストランに行ってみることにした。
この日も7時半のオープン前から行列は出来ていたが、観念して列に並ぶ。

とりあえず生ビール祭りで100円安くなって¥400円の生ビールは押さえて・・・
e0183106_1731797.jpg
桜マスのスモークサラダとビーフシチュー。
e0183106_1731543.jpg
生ハムのサラダとチキンソテー。

これで足りなかったら、何かサイドオーダーをしようと思ったけど、意外にボリュームがあっておなか一杯になった。
バイキングって、もう一度並ぶのが面倒で、ついつい取りすぎるのがネックなんだけど、ここは後からの注文はお兄さんに頼めば持ってきてくれるので気が楽でした。
by river_kingfisher | 2012-08-26 06:32 | ZIL480旅 | Comments(0)

フェリーの食事:その2

晩ご飯を食べようとレストランに向かうと、バイキング形式の流れがレジのところでつかえていて大渋滞している。並ぶのは嫌いなので、他に食べる所は無いかと船内をうろついたら、船尾のデッキにバーベキューコーナーがあった。
あいにく満席だけど、待っているのは1組だけなので待つことにした。
7時半オーダーストップなのだが、もう残り10分位のところでやっと席が空きジンギスカンを食べることになった。
e0183106_1642136.jpg
注文したのは、ジンギスカンセット(肉と野菜)にご飯大盛り1杯と生ビール。
厨房が非常に狭いので、あんなところで用意が出来るのか危ぶんでいたのだけど、出てきてみて納得。
1食分が紙皿にラップされて冷凍されているのをそのまま持ってくるだけ。これならバイト君でも問題無しですね。
e0183106_1643550.jpg
肉は解凍されておらず、ジンギスカン鍋の上で焼きながら解凍する・・・・
適当にひっくり返しながら1枚に分離させて焼き、タレにつけて食べるという、ちょっと残念な食べかたですが、まあしょうがないです。
e0183106_1643820.jpg
Nikon COOLPIX S9300(60mm), 1s, f/5.0, ISO1250, jpeg
食べ終わる頃には日も暮れて、小樽からの復路の姉妹船「らいらっく」とすれ違う。お互いに汽笛を鳴らしあって、ちょっと船旅気分です。届くはずの無いストロボのチカチカがきれいでした。

S9300はVRの効きは良いのですが、さすがに1秒露出はブレブレです(;_;)
by river_kingfisher | 2012-08-25 06:43 | ZIL480旅 | Comments(4)

フェリーの食事:その1

行きのフェリーでは何も用意していかなかったので、レストラン グリルで昼食を食べた。

e0183106_10522139.jpg
レトロな気分のショートコース¥2,500円で、乗船した時にフロントで予約する必要がある。

e0183106_10522666.jpg
サラダは「さっぱりレモン風味ジュレドレッシング」。ジェレのドレッシングの量がちょっと多すぎだったかも。
スープは「冷たいコーンスープ」で美味しかったです。

e0183106_10522772.jpg
メインは「フォアグラハンバーグ」。
フォアグラ好きなAlcedo家としては見逃せないメニューなので、あえて昼食を予約して食べたようなものです。
e0183106_10523135.jpg
中にフォアグラが・・・・
でも、期待したほどの量が入っていないので、周りの肉に負けてしまい、満足感はちょっと少ない。

e0183106_10523746.jpg
デザートは、まあそれなり。

e0183106_10524292.jpg
事前予約のせいもありますが、そもそも レストラン グリルでちゃんと食事をする人が少ないので、ゆったりとしていて落ち着きます。
Alcedo家を入れて、客は6組だけ。小さい子供もそれなりの教育をされているのか、ファミレスのように騒がないので、静かに食事を楽しめます。
値段はちょっと高めだけど、それだからこその雰囲気があるし、場所を考えたら許せるレベルじゃないかと思います。
by river_kingfisher | 2012-08-24 12:30 | ZIL480旅 | Comments(0)

泥棒が1ダース

e0183106_23353349.jpgドナルド・E・ウェストレイク著作の「泥棒が1ダース」。

ドナルド・E・ウェストレイクが2008年に亡くなっていたとは知らなかった。もうドートマンダー・シリーズが読めないのかと思うと、寂しい限りです。

ところで、ドートマンダーと言えば映画化された「ホット・ロック」。いつの映画かと思ったら1972年なんですね。年を取るわけだよ・・・
ロバート・レッドフォードが演じた主人公はドートマンダーにぴったりはまっていて、ドートマンダー・シリーズの小説を読んでいると頭の中でロバート・レッドフォードに置き換わって映像化されるので、毎回楽しく没頭できた。

映画の「ホット・ロック」で爆弾の音の大きさを、
 「もっと大きく」
 「どの位?」
 「ボガァ〜〜〜〜ン!」
とロバート・レッドフォードが声で(ま、本人の肉声じゃないでしょうけど)やったのが懐かしいです。
DVDを借りてもう一度見てみなければ・・・・


あ、この本はドートマンダーも出てくるけど、別名の同じ主人公も出てきて、その辺の説明をウェストレイクが解説するのがまた面白くて楽しめます。
by river_kingfisher | 2012-08-23 06:35 | | Comments(0)