<   2012年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

TV設置

大方の人がフレームが何を吊るためのフレームなのか分かっていたと思いますが、ソーラーパネルの設置完了で電力のゆとりが若干期待できるようになったのを機会に、TVを設置しました。

地デジアンテナは購入してあったものの、TV本体は色々と紆余曲折があって設置が遅れていたのでした。
e0183106_22162215.jpg

サイズは22インチで、近所のK's電気で¥19,800で特売していたのを買って来ました。同じような価格で32インチが買える時代ですが、設置場所の関係で22インチが限界です。

後はBSアンテナを手に入れて、とりあえずTV関係は終了でしようか・・・





by river_kingfisher | 2012-04-30 06:11 | ZIL480車内 | Comments(2)

ソーラーパネル設置完了

昨日は屋根の上に載せて、位置決めまでしたところで日没終了となったので、今日はソーラーパネルの固定から開始。
e0183106_19143961.jpg
サイド側は金具が屋根の斜面に追従できていないので、隙間をシリコンコーキングで埋めてごまかす。
何とか予定通りに設置完了。
e0183106_19144742.jpg

しかし、前の端は予定よりもクリアランスが少ない。後ろ側は設計通り1cmのクリアランスがあるのに、前は5mmしかない・・・
e0183106_191444100.jpg
しばらく運用してみて、もしここが当たるような気配があったら、何か考えることにする。
室内側はサブバッテリー室の壁にコントローラーを設置。
e0183106_19145071.jpg

ドアの上にリモコンメーターを設置して終了。
e0183106_1914515.jpg
14.2V-2.5Aで、今のところ順調に充電しているようです。
by river_kingfisher | 2012-04-29 19:27 | ZIL480車外 | Comments(2)

ソーラーパネル設置

屋根への配線:その2で配線は確認したので、ソーラーパネルを発注。
e0183106_233522100.jpg
欲張って190Wのパネルを頼んだら、サイズが意外に大きくてちょっとあせる。
ま、買っちゃったんだから四の五の言わずに取り付けることにして、取付金具を作製する。
e0183106_23352596.jpg
ZILっぺは屋根の形が複雑なので、金具も少し変なものになる。

パネルは大きいだけでなく重さも意外にあって、一人で屋根の上にあげるのに苦労した。
e0183106_23352744.jpg

屋根の上で取付金具を固定する。
e0183106_23352917.jpg
作業中は感電が怖いので、ダンボールをかけたままにしてます。

配線とつないでシーリングしてから、パネルをひっくり返す。設計通りのクリアランスで屋根に収まった。ホッと一息。
e0183106_23353193.jpg
室内側でテスターで通電を確認したら18.8V出ていた。
時間は18時半を回っているので、屋根への固定は明日に延期。
結構時間が掛かる・・・
by river_kingfisher | 2012-04-28 23:34 | ZIL480車外 | Comments(0)

戸隠で鳥見

4/22(日)は朝は5時過ぎに起きて、サチの散歩をした後コーヒーをいれてトーストを1枚食べて腹ごしらえ。

6時に出発すると約束した通りに、ぱんたさん達も起きだしてきたので珍しく定刻にスタート。
しかし、空は今にも降り出しそうな、曇り空・・・
e0183106_1331438.jpg
緑ヶ池までゆっくり歩いて行くが、相変わらず鳥の姿は少ない。
少し氷がゆるんで、水面が見え出した緑ヶ池。カモ類はカルガモのペアが泳いでいただけ。

緑ヶ池から植物園に向かって雪道を昨日と逆向きにたどっていくと、あちこちの雪解けした湿地ですでに水芭蕉が顔を出していた。
e0183106_1332235.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D + TC-14E, 1/100s, f/5.6, ISO1600, jpg

縄張り宣言でさえずっていたアオジ。
e0183106_13324961.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D + TC-14E, 1/160s, f/5.7, ISO1600, jpg

駐車場に戻る直前に歩道の脇で一生懸命巣材を集めていたヒガラ。
e0183106_13331570.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D + TC-14E, 1/400s, f/5.6, ISO1600, jpg

周りが雪だらけでも、鳥たちは巣篭もりの準備中です(^_^)


9時前に駐車場に戻ったら、お腹がすいたのでまたまたアミティで朝御飯(ほんとに毎回すいません>いちごさん)。

外は雨が降り出していたので、そのまま子供達のリクエストでトランプ遊び。お昼になってよつかどにお蕎麦を食べに行きます。
by river_kingfisher | 2012-04-26 19:31 | ZIL480旅 | Comments(3)

戸隠でスノーシュー

4/21(土)は朝は7時過ぎにゆっくり起きて、ますはサチを散歩させながら植物園の積雪状況を偵察
駐車場に戻ると、ぱんたさん達が起き出していたので、アミティで朝御飯を頂く(毎回サンクス、いちごさん)。
e0183106_15393215.jpg
お日様も出て暖かくなってきたので、そろそろ出かけようということになり、スノーシューを準備して8時に出発します。

サチも一緒に歩ける、奥社の大鳥居前から川に沿って牧場までのルートをスノーシューで歩きます。
e0183106_15401895.jpg
雪は締まってきているので、スノーシュー無しでも歩くことは不可能ではないが、このルートは下に小川が流れている場所が多いので、安全をみて全員スノーシューをはいて行く。

お互いを撮りっこ。
e0183106_15404918.jpg

サチを入れて自分撮りしようとしたけど、久しぶりなので勘が狂ってこのざま(笑)
e0183106_15413757.jpg

やはり鳥は少なめで、たまたま近かったのを数枚シャッターを切っただけです。もっともそんな事を予感して、重たいD3+サンヨンではなくD5000+28-300で出かけたわけですが…

遠くて枝かぶりのカケス。
e0183106_1542672.jpg
Nikon D5000, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/125s, f/5.7, ISO200, jpeg, Trim, 手持
クチバシに小枝を持っていますので、巣作りを始めていると思われます。
鳥の写真はダメダメですが、新緑がきれいなので…と言い訳。

午前中に出た鳥は下記
クロツグミ(S)、アカハラ、ミソサザイ、ヒガラ、コガラ、エナガ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、イカル(S)、アカゲラ、コゲラ、カケス、オシドリ、ジシギSP(F)
ジシギはアオシギではないかと思われるが定かではない。
他にもいたと思うけど、記憶力が低下しているので・・・・

結局スタート時点で、さかさ川(だったっけ?)を渡ってはいけなかったのに、渡った先から牧場に向かって歩き始めたため、川を渡ることができなくて、牧場にはたどり着けずにUターン。
事前にマップを見てあったのに、しっかりとルートを確認しておかなかったのが敗因です。
まあ、牧場に行ったからって結局は戻ってくるのだから同じなんですけどね。

途中でお昼ご飯を食べて、駐車場に戻ったのは2時近く。一休みしたら、今度は緑ヶ池に行って見ます。
e0183106_1542922.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D + TC-14E, 1/320s, f/5.6, ISO320, jpg

でも、相変わらず鳥が少なく、見られる写真はこれくらいです。
さすがに4時半を回ると寒くなってきたので、車に戻って宴会。あまり寝てないので8時前にはお開きにして寝ちゃいました。
by river_kingfisher | 2012-04-25 20:37 | ZIL480旅 | Comments(0)

2012屋久島

e0183106_14593960.jpg2012/4/13〜15の3日間、屋久島に旅行に行った時のIndexです。
携帯からの投稿と後からの投稿がごちゃごちゃになっているので、Indexを作りました。


4/15 羽田到着 [ 2012-04-15 21:01 ]
4/15 平内海中温泉 [ 2012-04-15 17:22 ] 携帯投稿(4/24:写真と文を追加)
4/15 楠川温泉 [ 2012-04-15 08:25 ] 携帯投稿
4/14 縄文杉トレッキング:その2 [ 2012-04-24 12:43 ]
4/14 縄文杉 [ 2012-04-14 17:15 ] 携帯投稿
4/14 ウィルソン株 [ 2012-04-14 16:32 ] 携帯投稿
4/14 縄文杉トレッキング:その1 [ 2012-04-23 06:33 ]
4/13 大浦の湯温泉 [ 2012-04-20 06:04 ]
4/13 昼食は割烹「雲水」 [ 2012-04-19 19:23 ]
4/13 二代大杉と弥生杉 [ 2012-04-19 06:25 ]
4/13 二代大杉 [ 2012-04-13 13:20 ] 携帯投稿
4/13 白谷雲水峡 [ 2012-04-18 12:51 ]
4/13 屋久島観光スタート [ 2012-04-17 18:40 ]
4/12 屋久島:準備 [ 2012-04-12 12:32


■他の旅行のIndexはこちら



by river_kingfisher | 2012-04-24 19:58 | 旅行Index

縄文杉トレッキング:その2

大株歩道入口からはそれまでのトロッコが走ることが出来る緩やかな斜度の道ではなく、登山道になる。
e0183106_12343380.jpg
しかし、いわゆる岩だらけの登山道は少なく、木製の階段が作られている場所が多くて、初心者にも比較的歩きやすい行程になっている。やはり世界遺産になって大勢の一般観光客も訪れるようになり、登山道の整備が進んだんでしょうね。
e0183106_8454879.jpg
とは言いつつも、長丁場のトロッコ道で疲れてきている足には、斜度のきつい登りはしんどい。翁杉の残骸を横目に見ながらウィルソン株まで到着した時には、ほっと一息つけた。
e0183106_84787.jpg
e0183106_8471040.jpg
ウィルソン株では、3~4人連れのグループが4~5組。
e0183106_8472712.jpg
写真のハート型が見える位置は非常に狭い範囲なので、皆さん株の中の空洞で順番に並んで待ちます。

ウィルソン株から更に斜度は急になりますが、もともと私は一人なのでただ黙々と歩きます。ガイドさんはひたすらしゃべり続け、撮影ポイントではお客さんを入れて撮影にも余念がありません。
現在屋久島にはエコツアーのガイドさんが250人くらいいるらしく、2/3は島外出身者のようです(ガイドさんがしゃべっているのを横で聞いた・笑)。
ネット情報に左右されるだろうから、受けの悪いガイドさんは生きていけないでしょうねえ・・・

e0183106_8475747.jpg
そんなこんなで、11時ちょっと前に縄文杉に到着。
e0183106_8481586.jpg
以前写真で見たよりも更に距離を取った位置に展望デッキが作られており、写真を撮るには全景が入れやすいので良いのですが、巨大さを感じるにはちょっと残念な設定になってます。
横まで近づいてペタペタ触ることが出来たであろうKOUさん達の時代がうらやましいです。

ツアーの人達はここでも並んで、順番にガイドさんに(^ー^)V姿を撮影してもらってましたが、私はひたすら心に焼き付けたうえで写真を撮って終わり。
e0183106_849554.jpg
滞在時間は8分ほどでしょうか。次々とツアーが上がってくるので、後ろ髪は引かれますがお昼ご飯のお弁当を食べる場所を探しつつ、ゆっくり戻ることにします。

宿で前日に頼んでおいた、2段重ねのお昼弁当。
e0183106_8492979.jpg
休憩用に作られたデッキの横に沸く清水に粉末のお茶をといて飲んだら、すごく美味しい!
縄文杉ルートは途中に何箇所か水場があることをガイドブックで読んであったので、飲み物は細めのペットボトルのお茶と、粉末のお茶だけ。
水を運ばなくても良いのは助かります。

途中にある・・・・何の木だったっけ?忘れた。木の門。
e0183106_8502911.jpg


帰りのウィルソン株は人が少なく、納得がいくまで写真が撮れて良かった。
e0183106_8511477.jpg
この写真は雰囲気を見てもらうために、ストロボを光らせて内部も写しこんでいます。
e0183106_8505748.jpg


なんとか3時のバスに乗りたいと思ったけど、時間配分を失敗して7分ほど遅れて登山口に到着。4時のバスを待ちます。

e0183106_85140100.jpg
登山口から屋久杉自然館まで戻って、路線バスの時間を見たら結構有ったので、嫁さんに電話して迎えに来てもらう。やっぱり疲れたので、帰り道で温泉に入りたかったのだ。


ところで、「屋久島:準備」で購入したストックはめちゃくちゃ役に立ちました。

トロッコ道を歩いているときに、枕木の端っこを踏んで少しよろけても、大きく体勢を変えることなくストックで支えられるので、体力の温存になります。
また、急な上りを脚力だけでなく、腕力のサポート付きで登れるので脚力の温存にもなります。これは下りにも言えて、ストックを少し長めにして支えることにより、足への負担も減り、かつ上体の支えにもなり、疲労が格段に少なくて済みました。
最近の山登りで皆さんダブルストックを使っている理由が良く分かりました。もう手放せません・・・・と言いつつ、もう山登りはしないだろうけど(笑)


■屋久島の旅行記Indexはこちらにあります。
by river_kingfisher | 2012-04-24 12:43 | 旅行 | Comments(0)

縄文杉トレッキング:その1

前日に朝御飯とお昼ご飯のお弁当を宿に頼んでおいたので、それを4時に受け取り、バックパックの一番上につぶれないようにパック。
宿近くのバス停で4:31発の屋久杉自然館行きの定期バスを待つ。
e0183106_152754.jpg
私以外に誰もいないのでほんとにこの場所で良いのか不安になった頃に、もう一人若者が登場。でも、彼も初めてで私に場所の確認をするので、二人でドキドキしながらバスを待つ(笑)
定時の4時半にバスがやって来て、ほっとした我々を乗せて出発。
e0183106_1530752.jpg
途中でぱらぱらと客を拾って、料金表の数字が段々増えて、始発バス停から乗った私の料金が¥930円になった5時過ぎに、荒川登山バスの乗り場のある屋久杉自然館に到着。
暗闇の中で登山バスを待つ人がどっさりいるのでちょっとビックリ。
e0183106_1531599.jpg
5時半の登山バスに補助席まで使って満員状態で乗り込み、荒川登山口に到着したのがちょうど6時。
ここで朝御飯のおにぎりを食べて、おトイレを済ませます。
e0183106_1533694.jpg

まわりには山ガールが結構いました。
e0183106_15402487.jpg

ちょっとだけ準備体操をして、少し明るくなってきた6:20に出発です。
e0183106_1541281.jpg


最初の2.6kmはだらだら登りのトロッコ道。枕木の間隔が狭くてまちまちなので、とても歩きにくいです。
e0183106_1542857.jpg
湧き水が線路を横切っている場所。晴れていてもまあまあの水量があるので、大雨の時には渡れなくなってしまうのでしょう。聞くところによると、雨の時は完全に水没する場所が何箇所かあるらしいので、歩きやすいとは言いつつもそれなりなトレッキングコースのようです。

6:40にやっと朝日が出てきました。
e0183106_15425349.jpg

途中、何箇所も橋がありますが、手すりはあったり無かったり。風が強い時はちょっと怖いですね。
e0183106_1543453.jpg


e0183106_15433252.jpg
小杉谷小・中学校跡からの5.5kmは線路の中央に板が敷いてあるため、歩きやすくなります。
写真を撮っていると、ガイドに先導された山ガールが追い越して行きます。
e0183106_15435461.jpg
ガイドは周囲の杉の話や、鳴いている鳥の話など、とにかくずっとしゃべっていて、お客の気を紛らわします。なんとなく一緒に歩いていると気が引けるので、少し距離を開けて歩きます。

道端にヤクシカがいました。ほんとに小さくてカワイイ!!
e0183106_15442527.jpg

ヤクザルもいましたが、こっちは普通のニホンザル。
e0183106_15444022.jpg

派手な山ガール。
e0183106_15445438.jpg

山桜がきれいです。
e0183106_154582.jpg


e0183106_15453219.jpg
荒川登山口から歩くこと2時間30分、やっと大株歩道入口にたどり着きます。
e0183106_1546588.jpg

ここにはきれいなトイレがあるので、一服しつつ用を済ませて置きます。
e0183106_15462297.jpg


ここからはいきなり登山道になります。
e0183106_15464654.jpg
Nikon D5000, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(18mm), 1/1.6s, f/13, ISO100


※縄文杉コースの説明はこのページが分かりやすいです。
by river_kingfisher | 2012-04-23 06:33 | 旅行 | Comments(4)

よつかどで蕎麦

e0183106_16482224.jpg

朝の鳥見が終わったら、アミティで朝ご飯。
そのままみんなでトランプしたりしてだらだら。

お昼ご飯によつかどで蕎麦(写真は大盛800円)とそば団子。
あとは、いちごさんの蕎麦がきを少し貰って、蕎麦三昧。

昼食後は長野まで降りて、インター近くの松代温泉でまったり。

眠くなってきた…
by river_kingfisher | 2012-04-22 16:48 | ZIL480旅 | Comments(0)

水芭蕉園地

e0183106_8494996.jpg

本日は雲り。風もあって寒いです。
朝6時に鳥見に出発。
緑ヶ池から高台園地経由で水芭蕉園地に来ました。
普段と逆に、クロツグミ側から木道を眺めてみた(笑)

鳥はまだ少ないです。
by river_kingfisher | 2012-04-22 08:49 | ZIL480旅 | Comments(0)