<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

奄美大島旅行:その 6(4/30-3)

まだ日が暮れるまで時間があるので、教えてもらった林道を明るいうちに一度走って瀬戸内まで行き、そこで晩ご飯を食べてからアマミノクロウサギを探しながら戻って来るという作戦を立てて奄美自然観察の森を出発!
e0183106_234819.jpg
曲がりくねった林道(と言っても新道が出来るまでは生活道路だったので、舗装された2車線の良い道です)をかなりの距離走ったので、瀬戸内の町に着いたのは8時近く。
食事をする店を探すけど、やっているのは飲み屋だけなので目についた交番で尋ねると、「この辺にあったはず」と駐車できるお店を教えてくれる。
e0183106_234897.jpg
その店に行く途中で「寿司・食事」の看板を見つけて入ったら、やっぱり実態は飲み屋。
心配しながらにぎり寿司¥1,000を頼んでみたら、出てきたのがこれ。
にぎり寿司にいなりはおかしいんじゃないか?と言いたいが、我慢して食べる(笑)

帰りは林道に入って2kmほどで前方を横切るアマミノクロウサギを発見!
慌ててカメラを用意するも、あっという間にガードレールの下をくぐって草むらに消えてしまう。

「いや、ほんとにいるんだねえ・・・」と嫁さんと興奮しながら先に進む。
今度出たときには打ち漏らさないように、カメラはスタンバイして嫁さんに抱えてもらい、出たらすぐに渡してもらえるようにしておく。
e0183106_23481822.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, SB-800, 1/60s, f/4.0, ISO800, jpeg-basic, Trim, 手持ち
そして2本目の林道に入ってやはり5分ほど行ったところで2回目の遭遇。その個体は道路からのり面に上がったところでちょっと止まってくれたので、なんとか撮影成功。
でも、真っ暗でヘッドライトだけが頼りなのでピントが合ってない(涙)
暗いところで黒い物体にピントを合わせるのは難しい・・・

その後更に3個体に遭遇して計5個体を見る事が出来た。でも、写真がまともに撮れたのは上の写真のときだけで、後は遠くの後ろ姿だけ。
ピントが甘いけど、とりあえず写真も撮れたのでOKとする。

ホテルに戻ってお風呂に入って寝たのは12時近かった。
by river_kingfisher | 2010-04-30 23:47 | 旅行 | Comments(0)

奄美大島旅行:その5(4/30-2)

朝食を食べたら、長雲にある奄美自然観察の森に行ってみる事にします。名瀬の街中からは車で30分くらいです。
e0183106_1952413.jpg
ここの水場にルリカケスが水浴びに来ると昨日のネイチャーガイドが言っていたので期待が高まります。
水場以外にも、下の写真の遊具のある場所でオーストンオオアカゲラ・アカヒゲを見る事も出来るらしいです。開けているので、観察しやすいはずです。
e0183106_1952505.jpg

入り口のビジターセンターで案内パンフレットをもらって、管理人さんに話を聞いたらやはりガイドさんと同じ事を言っていましたが、この日は中学生の団体が課外活動で入っていたので遊具の場所はちょっと難しいのではないかと言う事でした。

水場はどこかとウロウロ歩いていたら(パンフレットの地図も、案内板の地図も猛烈に簡素化してあって距離感が全くつかめません)、水場前のトイレの裏でギャーギャーと騒がしくカケスが鳴いているので近寄ってみたらあっさりルリカケスを発見。
e0183106_1953076.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/320s, f/4.0, ISO1250, Rw, Trim, 手持ち
逆光なのと前向きなので肝心の瑠璃色が全然分からないのですが、ルリカケスです(笑)。
とりえず、ライフリストが一つ増えました。

e0183106_2305544.jpg
生徒の団体がうるさいのとお昼を過ぎてお腹が減ったので、とりあえず一旦公園を離れて手広海岸にあるBAREFOOT RESORT HOTELのレストランに食事に行きます。
e0183106_2373417.jpg
この写真は嫁さんが注文した・・・エビのガーリックソースなんとか¥900。
おいしいんですが、量が多くて我々夫婦にはちょっとヘビーでした。

e0183106_23114574.jpg
食事の後はホテルで入場券(¥500/1人)をもらった「大島紬村」に寄ってみます。
染める実演から実際に織るところまで見せてくれて、大島紬がどうしてあんなに高価なのか分かりましたけど、やっぱりあの地味な色は今の時代には受けないですよね〜。
ネクタイを買おうかと思ったけど、やっぱり地味さに負けて何も買わずに出てしまった。

その後もう一度子供達がいなくなった自然観察の森に戻ってアカヒゲが出てくるのを待ってみたけど空振り。
管理人さんにアマミノクロウサギの出る林道を教えてもらって5時前に撤退。
by river_kingfisher | 2010-04-30 11:51 | 旅行 | Comments(0)

奄美大島旅行:その4(4/30)

奄美2日目の朝は5時に起床して、寝ている嫁さんを置いて一人で昨日の金作原に出かける。
ツアーの車が通った道を走ったつもりだったけど、途中で間違えたらしく行けども行けども昨日の場所に到達しない。しかし尾根伝いに道は続いていると昨日聞いてあったのであまり気にせず未舗装の林道を進む。

e0183106_1713057.jpg
とあるカーブを曲がったところで前方にトラツグミがいた。固有種のオオトラツグミじゃないかと期待したけど、識別方法は尾羽の数しかないから識別不能。
写真を撮る前に飛び去ってしまった。

かなり走ってやっと昨日のツアーでアカヒゲが鳴いていた場所に出る。
e0183106_171405.jpg
ここで1時間近く待っていたが、かなり近い場所で鳴いているのに見つける事は出来ずに敗退。
コマドリ・コルリよりも見つけにくい印象がある。亜熱帯で葉っぱが茂っているのが敗因だろう。

写真は人の背丈よりも大きなクワズイモ。
自分の重さで倒れてしまったのを、ツアーガイドがつっかい棒で立てたらまた元気になったとの事。

e0183106_1715169.jpg
梢にズアカアオバトがいたので、とりあえず証拠写真。
沖縄と同様に頭は赤くない。

e0183106_1721492.jpg
今回のレンタカーはマーチ。小回りが利くので初めての土地を走るのも苦にならない。
この場所でもアカヒゲが道路のすぐ脇で鳴いていたのだけど、見つけられなかった。

ホテルの朝ご飯は9:30までなので、9時前にあきらめて撤収する。
by river_kingfisher | 2010-04-30 06:26 | 旅行 | Comments(2)

奄美大島旅行:その3(4/29-3)

金作原から戻ると時間は5時過ぎ。
本日は朝4時起きで出かけてきたからさすがに疲れてしまったので、ホテルにチェックインして1時間ほど仮眠しから晩ご飯を食べにいく。
e0183106_1681839.jpg

晩ご飯はホテルの近くの名瀬の歓楽街にある「さしみや」。
いろいろとリーズナブルな価格でおいしいお魚が食べられて満足なのだけど、鹿児島方面の特徴のお醤油の甘さでせっかくのさしみが残念な味になる。鹿児島/奄美方面に旅行に行くときはお醤油も持っていかねばと心に誓うのであった。

写真はそんな甘口の醤油にぴったりとマッチするマツカサウオの煮魚。
マツカサウオなんて水族館でしか見た事なかったけど、とてもおいしくてGood!でした。

上のネギみたいなのは島らっきょうです。
by river_kingfisher | 2010-04-29 21:06 | 旅行 | Comments(0)

奄美大島旅行:その2(4/29-2)

行きのフライトはJAL1953便で羽田を08:35 に出発し、奄美大島到着は11:00の予定だったけど30分ほど遅れて出発したので、現地に到着してレンタカーを借りて動き出したのは12時過ぎ。

e0183106_10373464.jpg当日は現地の様子を見るために、金作原の原生林ツアーというのに参加しようと思っていたので、ツアーの開始時間の1:30までに昼食が食べられるかちょっと心配しながら名瀬のツアー会社に向かう。
しかし、空港から名瀬の町までは30分くらいで到着し、余裕で昼食時間が出来た。

ツアー会社のおじさんに駐車場のあるお店を聞いたら、観光案内書にも載っている「鳥しん」を薦められてさっそく鶏飯を食べる。
以前ダイバーの友人から奄美土産で鶏飯をもらって食べた事があったけど、食べてみて思い出しました。嫁さんも私も、あんまり好みではない・・・

ちょっと味が濃いので、若者向けですね。

googleで「名瀬 鶏飯」で上位に検索されるからそれなりの名店なんだと思うし、我々が食べているときにジモティのおばちゃんがスープだけを2L買っていったから、地元でも愛されているお店だろうと思うから、我々夫婦の味覚のストライクゾーンとずれているだけでおいしいお店なんだと思います。



午後の金作原の原生林ツアーの客は嫁さんと私の二人だけの貸し切りで状態でそれなりに面白かったけど、鳥的にはうっそうと茂ったジャングル状態の原生林は鳥観察には全く不向きで声はすれども状態が続き不完全燃焼。
e0183106_10374812.jpg

写真はヒカゲヘゴが群生している、もっとも金作原らしいところ。観光案内書もこの場所で撮影した写真が載ってました。
って、ことはこの場所以外はそれほどでもない、っていうのが分かりますよね?(笑)

この脇でアカヒゲがさえずっていたけど姿は見られず。
by river_kingfisher | 2010-04-29 16:33 | 旅行 | Comments(2)

奄美大島旅行:その1(4/29)

今年の連休は奄美大島にルリカケスを見に行く事にしました。
そんなわけで、奄美便り:その1は羽田空港。
e0183106_0595278.jpg
Nikon D3, AF-S Nikkor 300mm F4D, 1/1600s, f/5.6, ISO400, jpeg-norm, NoTrim, 手持ち

展望デッキから鉄鳥を撮ってみます。
これは2002年就航の747-400Dですね(と知ったかぶりをしてみる・笑)。
古い第1ターミナルの屋上は写真を撮りにくい設定で、この写真も次のカットはフェンスが入ってしまいます。
第2ターミナルみたいに金網にレンズを通す穴を開けてくれれば良いんですけどねぇ・・・

ちなみに、レインボーブリッジをちゃんと入れつつ、ジャンボ機の機体をきっちり全部入れるのは結構難しかったです。(いま写真を見て気づいたけど、これってレインボーブリッジじゃないですね。てっきりレインボーブリッジだと思っていた。全然気づかなかったよ。)

サンヨンのシャープな画像が気持ちいいので、大きめの1800x1200piexlにしてみました。ぜひクリックして大きな画像をみてくだされ。
っていうか、もう少しスローシャッターで後ろを流さないと後ろに目がいってしまいますね。鉄鳥写真も難しい・・・

ところで、私が乗った奄美への直行便はちっこいMD-81です。
思わず727かと思ってしまった私はやっぱり鉄鳥屋にはなれない。
by river_kingfisher | 2010-04-29 06:57 | 旅行 | Comments(2)

iMac27のモニター

前回に引き続きiMac27のモニターの話。
e0183106_22293193.jpg
左が標準サイズのポインタで、右は今使っている拡大サイズ。
最初は1/1サイズになるように縮小しようと思ったのだけど、見る人のdpiで大きさは変わってしまうので意味がない事に気づき、定規を写し込むことにした。

左の標準はだいたい3mmくらいなので、前回の計算が正しいのだろう。右は今の私の設定で、雰囲気で前のiMac20と同じくらいに設定したら、たまたま5mmくらいになっていた。


e0183106_22452782.jpg

Macでポインタのサイズを変えるのは簡単で、システム環境設定のユニバーサルアクセスでマウスを選んで、上図のようにカーソルのサイズのスラスタを動かして好みのサイズにしてやれば良い。
通常からMAXに対して1/5くらい拡大している。最大にすると15mm以上のサイズになる。

こういうユニバーサル用途が標準に付いてくる部分にWindowsにない使いやすさを感じる。


e0183106_22294997.jpgちなみに画面の文字が読みにくかったりする場合は、commandキーを押しながらマジックマウスの表面をこする(普通のマウスならホイール)とポインタを中心として画面が拡大できる。

ソフトで強引に拡大しているので文字はにじむし、画像もギザギザのまま拡大されるが、ちょっと確認するだけならこれで十分で、かなり重宝している(老眼のお前だけに必要な機能だ、という指摘は聞かない)。

一番したが最大に拡大したところで、マウスポインタは15cmくらいになっている。
ユニバーサルアクセスでサイズを最大にして、この機能(何と言うのか知らない)で最大に拡大すると、ポインタのサイズは画面の上下いっぱいになる。

実用上意味があるのかどうか分からないけど、面白い。


※画像の樽型ひずみは画面から60cmくらいのところで撮っているコンパクトカメラとしてはまあまあ押さえられている方だと思うけど、どうでしょう?カメラはCASIO EX-FC100です。
ホワイトバランスがめちゃくちゃなのは・・・・しょうがないです。


by river_kingfisher | 2010-04-24 22:58 | PC | Comments(0)

109dpi

今日のGoogleは最初読めなくて違うページに飛んだのかと思ってしまった。
何の日かと確認したらグリーンデーってことでした。
e0183106_1824425.jpg

ところで、iMac27に入れ替えて、まず困ったのが画面が広すぎること。

画面が広いのでマウスポインターを見失う。
うそのようなホントの話で、マウスから手を離して何かやった後で、どこにポインタの矢印があるのか見つけられない。大げさに振り回して見つけるのだけど、どうも塩梅が悪い。

なんでこんなに見つけにくいのかと冷静に考えてみたら、iMac27の画面は109dpiになっているせいで矢印が小さいのだ。
今まで使っていたiMac24の72dpiでは5mmの長さがあった矢印が、iMac27の109dpiでは3.3mmしかない。そして画面が広くなっているから見つけられないのだ。

仕方なく矢印の大きさを大きくして使っている。もちろんデスクトップのアイコンも大きめだし、ファイル名などのシステム表示フォントも大きめに設定している。

iPhoneやiPadのdpiはどのくらいなのか知らないけど、携帯電話の細かさを考えると相当なものでしょうね。
あの細かい表示デバイスを現行のOSそのままで動かすのはユーザーインターフェース上無理があるだろうから、iPadがOS XではなくiPoneOS(だっけ?)を使っているのは納得だよ。

Macそのものも、表示デバイスの進化に合わせて変わっていくんだろうなぁ。
今から考えるとOS Xになったときにデスクトップのハードディスク等のアイコンがやたら大きくなったのは、これを予見していたんだろうな。


ついでに書いておくと、デジカメの写真を見るのにiMac27はものすごくよろしいです。
これだけのためにiMac27を買う価値がありますよ。
Mac伝統の色再現性の良さに加え、109dpiの27インチモニターは無駄に巨大な画素数のデータを見るのにも(それほど)ストレスが無いです。
by river_kingfisher | 2010-04-22 18:18 | PC | Comments(2)

今朝の出来事

会社に行く途中、追突事故の現場を通った。
1Boxに軽の1Boxが追突し、その後ろにセダンが更に追突。
救急車が3台も来ていたので、それなりにけが人が出た模様なのだけど、その現場から2ブロックほど離れた交差点でもなにやら渋滞が起きている。
e0183106_12123238.jpg
どうやら先の事故現場に行く途中のパトカーに一般車両がぶつかったらしい。

ま、それはいいとして、パトカーのフロントにかぶせられたシートは何?
なんでこんな部分をカバーしているのかね?

フロントウィンドウが割れて、雨で電子機器がダメにならないようにするためかと薄っすら想像したけど、ずれちゃっているから意味ないし・・・
by river_kingfisher | 2010-04-22 12:16 | その他 | Comments(0)

西の魔女が死んだ

封切りしたときに見に行こうと思っていたけど見逃したので、今更ですがDVDを借りてきて観てみました。
今時の女性好みの内容だから、原作がベストセラーになったのが納得出来ます。
公開は2年前だからどうかな?と思ったけど、オフィシャルサイトはまだ生きてますね。
エンドロールでおばあちゃん役の俳優の名前を見て、ちょっと微笑んでしまった(^_^)
e0183106_23582683.jpg
Nikon D3, Ai-AF Nikkor 50mm F1.4D, 1/500s, f/2.0, ISO3200, jpeg-norm, NoTrim, 手持ち

「かあちゃん、手伝うよ・・・」
と言っている我が家の魔女。
by river_kingfisher | 2010-04-22 00:00 | 映画 | Comments(2)