カテゴリ:Noble旅( 221 )

奥入瀬渓流






Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(44mm)
1/3s, f/20, ISO100








Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1s, f/22, ISO100








Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm)
1/6s, f/8, ISO100





6/16に行った奥入瀬渓流のDSLRの画像。
もうずいぶん前の事のような気がします。

三脚が嫌いなので、スローシャッターも手振れ補正機能に頼って手持ちで撮ってますが、やはり風景には三脚が必須ですね。
ブレが酷くて、とてもじゃないけどプリントする気にならないですが、ブログに使うにはなんとかですか…(どうせ皆さんクリックして大きな画像は見ないだろうから・笑)

それにしても、いくら28mmといえ1秒のスローシャッターが手持ちで取れてしまうのはすごい時代です。3枚目なんて、300mmを1/6sですよ!技術の進歩はホントにすごいです。VRが付いてないレンズならとても撮れません。





by river_kingfisher | 2017-07-08 09:23 | Noble旅 | Comments(0)

ハマヒルガオ


e0183106_14581613.jpg


iPhone 6 Plus back camera 4.15mm f/2.2(29mm)
2017/6/27, Toyohama Yoichi



ここをブルー号を担いで砂浜まで往復したのが、後で腰が痛くなった要因では無いかという気がしてきた。
カートを使うと、すごく遠回りをしなくてはならなかったので、ままよと堤防の階段と砂浜を100mほど一人で担いで行ったのだけど、水を吸って重くなった帰りは本当にキツかった。

悪いけど、容赦なくハマヒルガオは踏みつぶしていきました。その祟りかも…



by river_kingfisher | 2017-07-06 14:50 | Noble旅 | Comments(0)

黒磯PA

e0183106_09361436.jpg


お昼には自宅に戻れそう。

■12:50追記
12:05に無事自宅に到着しました。
行くときは3週間弱かけて小樽に達しましたが、帰りは32時間で戻りました。
ノンタンは何事も無かったように嫁さんに甘えてます。
サチはもう食べたのに「ゴハンまだ?」って嫁さんにじゃれついてます。



by river_kingfisher | 2017-07-02 09:35 | Noble旅 | Comments(2)

前沢SA

朝の4時すぎに帰還を決定し、すぐに走り出して5時間で函館に到着。フェリー乗り場で休養し、船内で3時間半グッスリ寝て、青森のフェリー埠頭で屋根の上のブルー号を撤収。
ブルー号の中敷は2日間の良い天気で暖められて気圧が上がったらしく、ブローして空気が完全に抜けてました。
こんな事も有ろうと、屋根に積む前にある程度空気は抜いて置いたのですが、甘かったです。接着剤を持って来るのを忘れたので修理は出来ず、帰る事にしてちょうど良かったです。


青森ICから東北道に乗って、脇目も振らず走り続け、先ほど前沢SAで牛スジ丼¥780の夕食。

e0183106_20525773.jpg



野舞探に戻ったら、ノンタンは洗濯カゴの中で寝てました。ちょっと元気になったみたいです。

e0183106_20525882.jpg



サチはグーグーとイビキをかきながら寝てます。

e0183106_20525881.jpg




by river_kingfisher | 2017-07-01 20:42 | Noble旅 | Comments(5)

急きょ帰還します

e0183106_10372858.jpg


今、函館のフェリー埠頭で乗船を待ってます。
突然の帰還を決めた理由は三つ有ります。

1:原因不明の下痢・軟便による体重の軽減が止まらない。
北海道に来る1週間前くらいから、下痢と軟便の繰り返し状態になっていて、何が悪いのかなぁ〜と考えていたのですが、昨日とうとう体重が60.9kgまで減ってしまいました。やはり大腸ガンを疑って精密検査を受けた方が良いと考えました。

2:昨日、腰に違和感を感じた。
青い洞窟カヤックが終わって着替えた時に、腰に違和感を感じ、その後温泉を出た時に靴下を履こうとしたら、腰が痛い!
とりあえず車の運転は何も問題ないのですが、旅先でひどくなるとまずいので、大事を取ろうと思います。

3:ノンタンが血を吐いた。
もともと毛玉やら何やら、良く吐くネコなんですが、今朝の4時すぎに透明な液体に混じって赤い鮮血を吐きました。毛玉も未消化のフードも混じってないので、水を飲んだ直後に吐いたと思われます。
やはり嫁さんから離れてストレスがかかって居たのでしょう、かわいそう。
画像はこちら。キレイなものじゃ無いです。
初めての事なので、いささか焦り、先の二つの要因と合わせて帰る事を決定しました。


by river_kingfisher | 2017-07-01 10:28 | Noble旅 | Comments(5)

小樽水族館

小樽の街は2011年にあちこち見て回っているので、その時に行ってない小樽水族館に行って見ました。

e0183106_22343217.jpg


水族館というと、ついついキレイなお魚を撮りすぎて、後のファイルの整理が大変になります。
これはミノカサゴだっけかな?

e0183106_22590666.jpg


これはなんだっけ?水槽の説明にも載ってなかった。
調べたら「ヘコアユ」でした。

e0183106_22591922.jpg


カクレクマノミが文字どうり隠れているところ。
前に葛西臨海水族園で撮りたかったけど、カメラ女子が頑張ってて撮れなかったので、今回は隠れるまで待ちました。

e0183106_22592603.jpg


水族館といったら、やっぱりイルカショーですね。
ここのは割合とシンプルなショーでした。

e0183106_22593250.jpg



by river_kingfisher | 2017-06-30 23:07 | Noble旅 | Comments(0)

3・4ヶ所目の施設

前の「旧余市福原漁場」「旧下ヨイチ運上家」と比べて、3箇所目の「よいち水産博物館」は・・・
施設に入りきらない船が目印?

e0183106_21240934.jpg


内部の写真がこれしかない!

e0183106_21253158.jpg

アイヌ関連の資料は面白かったのですが、写真を撮ってないので…


4箇所目は「フゴッペ洞窟」。

e0183106_21272675.jpg

内部は撮影禁止なので写真無しですが、僕は不勉強にも縄文時代に洞窟岩面刻画が有った事すら知らなかったので、ビックリでした。
湿気が多い日本では彩色の洞窟画はあっさりと消えてしまっているだろうから、刻画として残っていた事は幸いな事ですね。


そして、おまけの5箇所目は「西崎山環状列石」。
パンフレットで写真を見た時はイマイチな感じだったのですが、「フゴッペ洞窟」に縮小レプリカが置いてあり、それを見たら「これは見ておかなくては!」と思って行ってきました。

e0183106_21382161.jpg


ん?ん・ん?

e0183106_21395170.jpg

かなりひいき目に見ないと「環状列石」という感じはしませんね。突き出した立柱が無ければ全く分かりません。この立柱って、本当にこうなってたんですかね?発掘調査の時に倒れて居たのを立ててません??



by river_kingfisher | 2017-06-29 21:47 | Noble旅 | Comments(0)

旧下ヨイチ運上家

旧余市福原漁場の切符売り場のお姉さんのお薦めで、4つの施設の共通入場券を買ったので、次の施設の「旧下ヨイチ運上家」に来ました。
ちなみに各施設¥300でTL¥1,200円が、¥880円になります、お得だ!


これが旧下ヨイチ運上家。
残念ながらオリジナルではなく、復元です。

e0183106_20492627.jpg


内部はこんな感じです。

e0183106_20502556.jpg


ここはリアルな人形が置いてあり、最初はドキッとしましたよ。
この人は漁師の親方らしい。

e0183106_20525828.jpg


あの遠山の金さんの父親も、文化3年(1806)年に13日間滞在したそうです。

e0183106_20531583.jpg


説明には「腰元」としか書いてありませんでしたが、やけに色っぽい人形でした。

苦しゅうない、近う寄れ
あーーれーーーっ!
クルクル・・・

っていうのを連想しました(笑)。

e0183106_20575781.jpg


そんなこんなで、ここにも1時間ほど居ました。

e0183106_21012749.jpg

次はどこだっけ・・・



by river_kingfisher | 2017-06-29 21:03 | Noble旅 | Comments(0)

旧余市福原漁場

えびす・大黒岩から余市市内に戻る途中の国道229号線沿いに、いかにもな建物が見えた。一昨日に通った時も気になったけど、その時は素通りしてしまったので、今回は寄り道して行くことにした。

ニシン漁が盛んだった頃の漁場の様子を伝える、国指定史跡重要文化財の「旧余市福原漁場」だそうです。


これが母屋。

e0183106_20153901.jpg

玄関。

e0183106_20160603.jpg

中はこんな感じです。

e0183106_20165500.jpg

e0183106_20172036.jpg

e0183106_20173550.jpg

e0183106_20174021.jpg

裏口から出て、隣の3階建ての文書庫に向かいます。

e0183106_20180283.jpg


文書庫の正面はこんな感じで、めちゃくちゃ立派です。母屋の隣に並んでいるので、国道から良く見えて嫌でも気になります。

e0183106_20185065.jpg

文書庫の入り口はこちら。

e0183106_20195479.jpg

中は色々な日用品が展示してありました。

e0183106_20202238.jpg

e0183106_20204277.jpg


文書庫の後ろには石蔵。これは残って居た図面からの復元だそうです。

e0183106_20225401.jpg

石蔵の中はニシン漁関連の展示になってます。

e0183106_20230153.jpg


米味噌倉。

e0183106_20240754.jpg


網倉。

e0183106_20243750.jpg


いやはや、切符売り場のお姉さんは「各施設は20分くらいで見られるので、他の施設との共通入場券がお得ですよ〜」って言ってたけど、ここだけで1時間半くらい居ました(笑)。

他の施設は別エントリにします。



by river_kingfisher | 2017-06-29 20:30 | Noble旅 | Comments(0)

えびす岩と大黒岩

今朝は一昨日からとまっている道の駅「スペースアップル余市」で朝6時に起きてサチの散歩をしたけど、遠くでパン!と畑から獣を追い払う爆竹音がした途端に、サチはビビって「うちに帰る!!」ってなっちゃう。
野舞探に戻って、しばらくしてもう一度出たけど、やっぱりソワソワで離れたがらないし、オシッコもウンチもしない。

いい加減にしないと粗相が心配だったので、畑と無縁な海岸に出かけることにした。
どうせなら一昨日素通りしてしまった、出足平漁港に来てみた。
ここにはえびす岩と大黒岩という奇岩が有るのだ。左の今にも折れそうなのがえびす岩で、右の鳥居があるのが大黒岩。




Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(48mm)
1/100s, f/5.6, ISO100




えびす岩は、見る角度によっては本当に今にも折れそう感じで、次の地震ではやばいんじゃないかと思わせてしまう。




Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(82mm)
1/160s, f/8, ISO100




サチは不機嫌そうながらも、鹿威しの音が無いので無事トイレを済ませた(笑)。

e0183106_09540933.jpg


この後、例によってドローンを飛ばしたのでいずれ動画も掲載します。

ところで、今日はカヤックで余市の「青い洞窟」に行くつもりだったのだけど、天気予報が終日曇りなので、晴れ予報の明日を待とうか迷っている。明日は晴れだけど風が今日より強い予報なんだよね…


■17:30追記
動画を編集してこちらに投稿しました。



by river_kingfisher | 2017-06-29 10:10 | Noble旅 | Comments(0)