カテゴリ:Noble旅( 330 )

不運続き

伊豆を後にして、次に向かったのは愛知県の蒲郡に有る竹島。
子供の頃に父親が月に一回豊川稲荷にお参りに行っていた時に、たまに家族サービスで寄った場所で、来るのは50年以上ぶり!(笑)
しかし、竹島水族館はリニューアルの為に閉館中でちょっと予定が狂う。

仕方ないので、竹島に向かう。
e0183106_11442533.jpg

ぐるっと一周できる遊歩道があるので、サチの散歩で周る。
e0183106_11442828.jpg
風が強かったけど、とりあえずマビコを飛ばしてみたので、そのうちアップするかも。

道の駅安城でP泊して、次に向かったのが岐阜県に有る「日本昭和村(平和記念公園)」。

が、しかし、様子が変!
e0183106_11443245.jpg

なんと今日(12/1)からリニューアルの為に閉館中でした。トホホ_| ̄|○
e0183106_11443958.jpg

入る予定だった温泉(里山の湯)も閉館中で、路頭に迷います…
e0183106_11444239.jpg
ここは道の駅でも有るのですが、トイレ以外は全て閉鎖中なので、居てもしょうがなく次に向かいます。



by river_kingfisher | 2017-12-01 11:43 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)

釧路動物園

9/15に行った釧路動物園ですが、「D4の画像はいずれ…」と書いてそのままになっていたので、遅まきながら出来の良さそうなのを少しだけ掲載します。


「ふくろうの森」に展示されていたシマフクロウ。

e0183106_17183969.jpg



少し離れた独立した大きな禽舎にいたシマフクロウ。
e0183106_17184980.jpg



シマフクロウ舎の隣はクマタカ。
網越しとはいえ、やはり飛ぶとシャッターを切っちゃいます。

e0183106_17185487.jpg



フィールドでは絶対に会いたくない動物ナンバーワンのヒグマ。

e0183106_17184219.jpg



お茶目な姿と相反して、地上最強の肉食獣と言われるホッキョクグマ。
舌は黒いんですね。

e0183106_17190030.jpg



なかなか出てこないので、あきらめて移動しようとしたら引き止めるように出て来たエゾクロテン。臆病者と書かれていたけど、結構な時間相手をしてくれました。

e0183106_17184604.jpg





by river_kingfisher | 2017-11-25 20:42 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)

放水





Nikon D4, AF-S Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5G ED(18mm)
1/100s, f/6.3, ISO100




10/9に行った豊平峡ダムの紅葉
もう、ずいぶん前の事のようです・・また旅立ちたい。




by river_kingfisher | 2017-11-22 16:58 | Noble旅 | Trackback | Comments(2)

crepuscular rays






Nikon D5000, AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED(110mm)
1/60s, f/8, ISO200, 2017/10/03, 留萌





by river_kingfisher | 2017-11-17 08:00 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)

昆布盛



e0183106_09392305.jpg





by river_kingfisher | 2017-11-16 09:40 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)

大湯沼・神仙沼

10/12(木)の朝は道の駅「ニセコビュープラザ」で起床した後、ニセコアンヌプリの横を通ってニセコ大湯沼に向かう。

e0183106_13594724.jpg



湯煙を上げる大湯沼の向こう側に紅葉が広がっていい感じな写真が撮れるかと思ったら、あっという間に雨雲が下がってきてだいなしです。




Nikon D4, AF-S Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5G ED(20mm)
1/160s, f/6.3, ISO400



しょうがないので、道道66号線(ニセコパノラマライン)を走り、峠を越えて神仙沼に行ってみる。

e0183106_13595032.jpg


無料の駐車場にはトイレとカフェ併設のレストハウスがあり、沼までは木道が整備されている。
ところどころに地図入りの案内板が整備されていて、歩いていて全く不安はない。

e0183106_13595575.jpg


ゆるゆる歩いて20分ほどで神仙沼に到着。

e0183106_14000132.jpg



天気が良ければもっと楽しめたんでしょうけど、たまにポツポツと雨が落ちてくる状況だったので、サチの運動散歩の意味合いが大きかったです。




Nikon D4, AF-S Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5G ED(35mm)
1/250s, f/6.3, ISO400






by river_kingfisher | 2017-11-13 14:35 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)

登別マリンパークニクス




Nikon D4, AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR(24mm)
1/200s, f/5.6, ISO6400



10/11に樽前ガローの次に行った、登別マリンパークニクスの「金魚万華鏡」。

ずいぶん前の日経新聞に載っていて、「これは行ってみなくては!」と思ったのだけど、駐車場の入り口でまず駐車代金¥500円を取られたところから、イメージに暗雲がたちこめた。

そして入場料はなんと¥2,450円!!

駐車場料金を払ってなかったら、きっとUターンして帰っていたと思います。


渋々料金を支払って入場したけど、三千円弱の入場料を取られた痛みで心が曇りまくっているので、水槽を見てもどうにも気分が晴れない。おまけに周りにいるのは、小さな声で話せないうるさい某国観光客ばっかり…

そしてお目当の「金魚万華鏡」の小部屋は、良くも悪くもこれだけ。
写真はほぼベストの状態です。

声を大にして言いたい。


ここは、行くべきではない!!




by river_kingfisher | 2017-11-08 23:33 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)

房総半島探索

熊野古道の様な石畳を通ったりしながら、、
e0183106_17515283.jpg


着いたのは見晴らしの良い場所。
e0183106_17515479.jpg


ここは鋸南町の鋸山にある「地獄のぞき」です。
e0183106_17515557.jpg
(自撮りじゃ良い感じに撮れませんでした。)


千五百羅漢道をさまよって、、
e0183106_17573416.jpg


日本一の大仏さまを見て、、
e0183106_17573632.jpg


脇の観音様の足元に、なんでワインのコルクが積んであるのかと思ったら、、
e0183106_18005243.jpg

ミニミニお地蔵さまでした。
¥500で売店で売ってました。
e0183106_18014409.jpg


このあと、車で10分くらいの燈籠坂大師の切通しトンネルに行ってみた。
e0183106_18005396.jpg

3人のバイク乗りが、代わる代わる自分のバイクを道の真ん中に置いて写真を撮っているので、それを入れない様にすると良いアングルで写真が撮れませんでした。
e0183106_18065502.jpg
ま、こっちが撮ってる間は彼らも撮れないんだからお互い様の気もするが…


今日の最後は江川海岸。
思いつきで来たので、着いたときには既に日が沈んだ後。
e0183106_18005405.jpg

相変わらず、思い付きでユルユル行動しています。



by river_kingfisher | 2017-11-06 17:51 | Noble旅 | Trackback | Comments(2)

館山海岸

館山の海岸でカヤックをやるつもりだったけど、気が乗らずにダラダラしているうちに昼過ぎになってしまい、今日もカヤックは無し。
e0183106_16511985.jpg

海岸にはこんな人がニラミを効かしているし…
e0183106_16512029.jpg

洲崎灯台にも久しぶりに来てみた。
e0183106_16512200.jpg

ここが「恋人の聖地」だとは知らなかった。
e0183106_16512398.jpg

ちょっとだけ、「お作品」っぽい写真(笑)
e0183106_16550604.jpg



by river_kingfisher | 2017-11-05 16:50 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)

鴨川

鴨川まで来ました。
波が出ているので、今日はカヤックはやめておきます。
e0183106_12143946.jpg

サーファーには良い波のようで、沢山わいてます。
e0183106_12144032.jpg



by river_kingfisher | 2017-11-04 12:14 | Noble旅 | Trackback | Comments(0)