カテゴリ:Noble車内( 61 )

おすだけノーマット

一昨日の夜、奥松島の月浜海水浴場で寝ていた時に、蚊が野舞探に侵入。
ナイスカッチをやみくもに振り回してみたら、なんとヒットしてバチッとと音がした。それで安心して寝たのだけど、夜中にまた耳元にプゥ〜〜ンの蚊の羽音がしてもう寝られない。

仕方なく起き出して物入れをゴソゴソ探して「おすだけノーマット」を見つけ出したが、すでに全部使い果たした後でシュウとも言いやしない。

シャクだからイビキをかいて寝ているサチを起こして、トイレ散歩をしつつトランクをかき混ぜて蚊取り線香を探し出す。車の中で焚くと匂いが残るので嫌なんだけど、背に腹は変えられない。

そんなわけで、今日走行中にドラッグストアを見つけたので早速購入しました。

e0183106_14354034.jpg

売れない商品みたいで、殺虫剤の棚には無くて全然関係のないティッシュペーパー(これも買った)近くの棚の上にひっそりと3個置いて有った。

値段が高い(¥915)のが売れない理由だと思うけど、キャンピングカーにはこの小ささは絶対的な利点なんですよ。とにかく収納スペースが少ないキャンカーにとって、使うかどうか分からないけど、欲しい時には手が届くところに有って欲しい殺虫剤は小さいに越したことがないのです。

1日1回の使用での有効期間が90日から120日に伸びているのは、一押しで噴射される量が減ったんでしょうね。
ボンベの大きさが変わってないので、噴射口の径を小さくしたんだろうなぁ。地道に日本企業らしい改善をしてますが、あの扱いからそんなに売れてないんだろから、担当者の努力が報われる気はしません。(笑)


ついでに、小腹が減ったので嫁さんが持たしてくれた冷凍のトウモロコシでコーンバター。

e0183106_15001238.jpg





by river_kingfisher | 2017-08-28 13:59 | Noble車内 | Comments(2)

野舞探の冷蔵庫ファン交換

野舞探の冷蔵庫の後付けファンが唸るので、取り付け方法を変更するついでに、消費電力が少なく、かつ風量が多い(ただし風切り音もちょっと大きくなる)に交換した。

e0183106_16484538.jpg


今までのは0.1Aで、今度のは0.5W(0.04A)。
中心のモーター部分の直径が小さくなり、その分だけ羽が広くなって風量が増えているようだ。
どちらも昔の外付けHDケースからサルベージしたもの。そういえば、最近のHDにはファンは付いて無いみたいですね。

冷蔵庫への固定は、今まではアルミパンチングメタルの枠を両面テープで貼り付けていたが、スポンジを介してホットメルトで固定する方法に変更した。

アルミ枠にスポンジを介してファンを浮かせていたので、アルミ枠は両面テープ止めで問題ないと思っていたのだが、モーターの振動が冷蔵庫の内壁と共振して、思ったよりも大きな唸り音になることが有った。今回の改善で振動音は防げると思う。


by river_kingfisher | 2017-08-19 16:36 | Noble車内 | Comments(0)

網戸ロックの補強

ZILっぺの時に網戸ロックが壊れてアルミ板で補強したが、同じように野舞探の網戸ロックが壊れそうなので補強した。
まだヒビは入っていないが、無理に引っ張られて上が口が開いている。
e0183106_16555034.jpg


まずはアルミ板の作成。
必要寸法は29mm x 93mmなのだが、30mm幅のアルミバーが有ったので、それを使うことにした。厚みが2mmなので、ちょっと厚くて塩梅悪いのだけどとりあえず作成。
e0183106_16555147.jpg


単純に上からかぶせるだけなので、取り付けビスを長いのに変えるだけで、作業は簡単に終了。
e0183106_16555199.jpg


と、思ったら、前回同様にエントランスドアの段差に干渉する事が判明。マジックの所までカットの必要がある。前回のエントリをしっかり読んどけば良かった(汗)。
e0183106_17461902.jpg


バンドソーでサクッと切断。
e0183106_17462015.jpg

これで問題なし。

ところで、ここが壊れるのには訳がある。
網戸は普段はエントランスドアにドアノブでホールドされていて、この網戸ロックはカマチ側のストライクには掛かっていない。
e0183106_16555191.jpg


網戸が必要な時だけ網戸ロックレバーを下げて、エントランスドアから分離させて、網戸単体でカマチにロックする様になる。
つまり、エントランスドアと一体の時は、網戸ロックはカマチのストライクにロックが掛かってはいけないのだ。

しかし、カマチ側のストライクが緩んで外に出てきてしまうと、エントランスドアを閉めた時点で網戸ロックもストライクに掛かってしまう。
そうすると、外側から網戸ロックを開ける手段は無いので、強引に網戸ロックレバーを引っ張る事になり、網戸ロックのカバーが割れてしまうのだ。

これを防ぐには、カマチ側の網戸ロックストライクを奥に動かして、エントランスドアを閉めても網戸ロックがかからない様にしてあげれば良いのだが、あまり奥に設定すると網戸として使用した時にロックが掛からなくなってしまう。

野舞探のドアは納車時から色々と問題があって、どうもこの調整が上手くいかない。何度か調整して居るが、いつの間にかストライクが外側に出て来てしまう様で、ドアを開けた時に網戸が引っ掛かって無理開けする事になる。カバーが割れるのは時間の問題だったのだ。

とりあえずアルミの補強を付ける事により、網戸ロックラッチの位置ズレが無くなった様なので、今の所無理開けにはならなくなったようだが、今後も注意が必要だ。




by river_kingfisher | 2017-08-01 08:00 | Noble車内 | Comments(0)

冷凍庫のヒンジが折れた

野舞探の冷凍庫は、昔のワンドア冷蔵庫の製氷室と同じで、内蓋が付いている構造になっている。

e0183106_11070085.jpg


日本製の気配り設計なら、ドアを閉めた時に冷凍庫の内ドアを自動的に降ろすようにすると思うが、アメリカンはもちろんそんなことは考えない。
随分と注意をして来たが、冷凍庫ドアが開けっぱなしだった事を忘れてドアを勢いよく閉めてしまった。
e0183106_11070099.jpg


ヒンジが折れて、冷凍庫ドアが脱落。
e0183106_23130545.jpg


冷蔵庫ドアのゴムパッキンも切れてしまった。
e0183106_11070151.jpg


折れたヒンジを取り出すのが大変だと思ったが、受けが外れたので涼しい室内で作業できた。
e0183106_11070180.jpg


ピアノ線を熱して圧入し、冷めたところで引っ張り出して削除作業完了。
前のヒンジはドアと一体成型のφ5mm。
e0183106_11070143.jpg


新しいヒンジはアルミのφ4.5mm丸棒をカットしたもの。確か、¥100円ショップで買ったタオルハンガーの残骸のはず。
ドアの折れた場所にφ4.5mmのドリルで穴を開けておく。
e0183106_11070267.jpg


ロッドを通して、ズレ止めにホットメルトで固めて修理完了です。
e0183106_11070263.jpg


あとは野舞探に戻って組み付けて終了。
e0183106_11070222.jpg


冷蔵庫のゴムパッキンの破れは、とりあえずそのままで様子見です。交換パーツは高いだろうなぁ〜



by river_kingfisher | 2017-07-29 10:47 | Noble車内 | Comments(0)

セカンドシート裏スポンジのズレ止め

3月にセカンドシートの背もたれの裏にスポンジを挟み込んで行き来を楽にしてみたが、運用してみたら予想通りズレてくる事がわかった。

ズレ止めをどうやってやろうか少し考えて、簡単に済ませることにした。
まず4枚のばらばらだったスポンジシートを接着剤で1枚にまとめておく。
ズレ止めはPPのファイルシートをバラして、力のかかる穴部分を2重にしてからスポンジにG17で接着。
e0183106_14091387.jpg


このズレ止めをヘッドレストの支えに通して完成。
e0183106_14091486.jpg


これでまたしばらく様子を見てみます。

ちなみに、ここにクッションを入れたので運転席とダイネットの行き来がとても楽になったと、嫁さんにも好評です。



by river_kingfisher | 2017-06-08 08:00 | Noble車内 | Comments(0)

エントランスのカーテンを遮光タイプに変更

野舞探のエントランスドアの窓には、夜間用のカーテンをスナップで留め付けられる仕様になっている。
しかし、このカーテンは遮光性能が最低で、朝日が当たると下の写真のように車内は明るく照らされて目が覚めてしまう。
そこで、このカーテンを遮光布で作り直すことにした。
e0183106_10225320.jpg


ネットで遮光布を探しても思いのほか値段が高い。既製品のカーテンの方がメートルあたりの単価が安くなるので、ニトリの既製品の一番安いのを使う事にした。

縫い目を解いて必要サイズに切り出して再縫製。簡単な作業ですが、ほどくのに時間がかかるので、面倒といえば面倒な仕事です。
e0183106_19292167.jpg


完成した遮光カーテン。
防寒対策も兼ねて、丈を長くしてエントランス封止パネルまで届くようにしました。これで若干断熱効果も出たでしょう。
e0183106_11554057.jpg


ちなみに、これは日中用の目隠しレースカーテン。
夏に網戸の時には重宝します。
e0183106_11554175.jpg


ところで、このカーテンはスナップボタンで固定するようになっているのですが、このスナップボタンの固定が僕はあまり得意じゃない。
こんな感じに悲惨なカシメになってしまう(これはZILっぺの物)。
e0183106_11554100.jpg


どうしてこんなに酷いことになってしまうのか、今回はじっくり考えてみた。
どうやらカシメる金具の首の長さが長すぎるのが要因の気がして、1.5mmほどカットしてみた。ハサミは薄物を切るのに重宝している蟹ハサミ。
e0183106_11554197.jpg


要するに、購入したスナップは特厚生地用の物だったって事ですね。
e0183106_11554166.jpg


少しでも均一に曲がるように、プラスドライバーでコジて丸くしておきます。
e0183106_11554247.jpg


カシメ金具でハンマー一発!
e0183106_11554244.jpg


キレイにカシメられました。もうちょっと早く気付くべきだった。
e0183106_11554292.jpg





by river_kingfisher | 2017-03-09 12:00 | Noble車内 | Comments(8)

運転席への行き来を楽にする

野舞探の運用時には僕も嫁さんも、キャビンのドアからではなくエントランスドアから出入りしている。
その為には、倒したセカンドシートの上を通る必要が有るのだが、ここはベニア板に布の表地が貼って有るだけなので固くてヒザをつくと痛い。

サチの汚れ止めのキルティングカバーが掛けてあるので、そのままよりも多少ましかもしれないが、大して改善はしない。
e0183106_08544367.jpg


そこで、シートカバーの下にクッションのスポンジを敷いてみた。椅子用の10mm厚のチップスポンジ480mm x 480mmの4枚セット¥690円を発注。値段は安いけど送料が¥648もかかるのがシャクです。

横に2枚を並べるとちょうど背もたれの大きさになるので、2枚重ねにしてある。
e0183106_08544421.jpg

これで行き来の際に膝をついても痛くなく、楽になった。
現在はカバーの下に挟み込んであるだけだが、立てた時に少しずつ下にズレていくので、いずれ何らかの固定方法を考えなければならない。


◾︎2017/6/9追記
予想通りズレてくるので、ズレ止めを施工しました。




by river_kingfisher | 2017-03-06 08:20 | Noble車内 | Comments(0)

昼間用の目隠しを更新

野舞探の運転席とダイネットの仕切りの、目隠しレースカーテンを、サチが破いてしまった。
仕方ないので、破いた所まで三つ巻きにしてスリットにしたら、更に上まで破いてしまった。
e0183106_19564024.jpg


ちなみに、外から見るとこんな感じで、昼間は外が明るいので中の様子はよく見えません。
e0183106_19564063.jpg


しかし、スリットがこれ以上深くなると目隠しにならないので、仕方なく新しく作り直す事にした。
同じカインズホームのレースカーテンの一番小さくて安い奴(¥1,180)を使って、今回は全面スリットにします。
e0183106_19564103.jpg


これなら強引なサチでも、破らずに往き来出来るでしょう。
e0183106_19564163.jpg


ちなみに、恥ずかしながら今日は誕生日です。
いくつになったんだっけかなぁ〜



by river_kingfisher | 2017-02-26 15:50 | Noble車内 | Comments(10)

エントランスの封止パネルの改造

以前作ったエントランスの封止パネルのサイズが大きくて収納に困るのでサイズを小さくする改造を行った。

半分のサイズになるように、真ん中でカットする。
e0183106_15050754.jpg


使用したZILっぺの拡張ベッド棚板は、強度が必要な場所に使う物ではないので、ヤワな造りになっている。
そもそもバンテックの内装材は軽量化のためにがらんどうのフラッシュ仕上げなので、当然切り口はスカスカだ。
e0183106_15050761.jpg


切り口の厚みの角材を作って挟み込んで接着し、蝶番のネジが効くようにする。ついでに、奥の方にも芯材を入れて補強しておく。
e0183106_15050809.jpg


二枚合長蝶番で接合して完成。
e0183106_15050892.jpg


折りたたむと半分のサイズになるので、収納が楽になります。
e0183106_15050852.jpg


折りたたむ方向を逆にしておけば、半分だけたたむという使い方ができた事に、置いてみて気付いた…
e0183106_15423642.jpg


すき間が気になるけど、蝶番が入っているので空気の流れはそれほど無いと思います。
e0183106_15050915.jpg


半分にカットしたけど、補強材を追加した上に蝶番の板が支える方向に付いているので、前よりも強度が上がっています。少なくとも手前側なら乗っても全然平気になりました。
e0183106_15423635.jpg


あとはドア自体の断熱をどうやってやるかだなぁ…



by river_kingfisher | 2017-02-22 15:52 | Noble車内 | Comments(4)

吹き出し口の温度測定

「買ってみた」カテゴリーのネタですが、安い温度計を買って有った。例によってAmazonの「この商品を買った人は…」で出てきた物。HiLetgo デジタル温度計¥200(送料無料)。今見たら、なんと¥850に値上がりしてました、驚き。でも、下に出てくる「この商品を買った人は…」に安いのが並んでます(笑)。

中国からの直送でパッケージはつぶれて中身がはみ出てましたが、¥200なら許容範囲です。
e0183106_09390025.jpg


スイッチも何も無く、常に温度を表示している単純な仕様です。
e0183106_09390091.jpg


電池はAG13(LR44互換)が2個。センサーのコードは1mなので応用には注意が必要です。意外に短い。
e0183106_09390049.jpg


というわけで、こいつの初仕事は床暖房の吹き出し口の温度測定。
ここの折り返してあるカーペットの端っこにセンサーを挟んでどのくらいまで温度が上がるかチェックします。
e0183106_21064010.jpg


どうやら開口部を大きく開けてある状態では40度あたりまで上がるようです。
でも、床はあんまり暖かくなる感じがしません。冷たくは無いけどね。
e0183106_1071797.jpg


カーペットを開口部にかぶせて、温風が床に回るようにしてみたら、、、温度は65度まで上がりました。ちょっと高すぎるかなぁ・・・
でも、さすがに温風が全て床下に回るので、床はポカポカです。
e0183106_09390102.jpg

しばらくは折り返して、開口部を開けた状態で運用することにします。



by river_kingfisher | 2017-02-16 20:34 | Noble車内 | Comments(0)