カテゴリ:ZIL480旅( 642 )

忘れられた自転車





Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1/640s, f/5, ISO200, 2017/02/25河津




この自転車そのものは忘れられてここに置いてある訳ではないかも知れないが、この自転車は日本では忘れられた存在である。

それは、このブレーキシステム。
ロッドによってブレーキシューをリムに押し付ける、ロッドブレーキシステムの自転車は2008年までブリジストンで作られていたらしいが、現在は国産では存在しない。

e0183106_17584671.jpg

僕が子供の頃の自転車は全てこの方式だったので、中学生になった兄が買ってもらった自転車がワイヤーシステムだったのがとても羨ましかった。

しかし、コイルバネの革シートといい、この個体は古い物だと思うのだが、ハンドルのピカピカ状態や革シートの良好な状況からすると、最近までちゃんとメンテナンスされていたような気がする。
なんでこんな所に鍵もかけずに放ってあるのだろうか?
どこかの車庫から盗まれて、ここに捨てられているのではなければ良いのだが・・・

もっとちゃんと撮っておけば良かったが、河津桜がメインだったのでシャッターを切ったのはこれ一枚だけです。



by river_kingfisher | 2017-03-13 08:00 | ZIL480旅 | Comments(2)

道の駅「あそ望の郷くぎの」

■2016/01/21 12:56:初稿
■2016/06/01:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


通潤橋の後はどこに行こうか悩んでから、高森町湧水トンネル公園に行ってみた。
ここは国鉄時代に高森線と高千穂線を結ぶためのトンネルとして掘られたのだけど、あまりにも湧水が酷くて計画は中止され、高森町の水源になったといういわくの有る公園だ。
トンネル内は有料(¥300)で入ることが出来るのだけど、冬季は5時までなので時間がなく、入るのはやめ。
とりあえずZILっぺに水を補給してから、ここでP泊して明日の朝見学しようかと考えていたら、お姉さんがトンネルから出てきて駐車場のトイレのシャッターを降ろして鍵をかけて去って行った・・・。

なんとなく興をそがれて、近くの道の駅「あそ望の郷くぎの」に移動することにする。
トンネル公園は翌朝撮るつもりだったので写真は無し。

道の駅に移動途中に阿蘇山が夕焼けに染まってとてもきれいだったので、道路脇にZILっぺを止めてちょっと撮影。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(230mm)
1/125s, f/5.6, ISO400


道の駅「あそ望の郷くぎの」からも阿蘇山はとてもきれいに見えた。(これ以降の写真は翌朝撮影。)
e0183106_13024410.jpg


この道の駅はやたら広くて、モンベルショップも有った。
e0183106_13024421.jpg


阿蘇山の眺めも最高に良い。
e0183106_13024409.jpg


翌朝(1/21)は7:00に起きて、サチの散歩をして朝ごはんを食べて、阿蘇山に行ってみた。



by river_kingfisher | 2016-06-01 22:19 | ZIL480旅 | Comments(0)

昇り龍

■2016/01/19 14:37:初稿
■2016/0529/15:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


本日のメインイベントは大御神社の境内にある「昇り龍」。

メインイベントと言っても、昨日行った鵜戸神社をネット検索していたらこの「昇り龍」が出てきて、アレレ?となって、さらに調べたら、日向岬にある大御神社の中にも鵜戸神社があって、そこに「昇り龍」がいるという事だった。

で、早速予定に組み込んで、日向岬に来たのだ(笑)。
せっかくなので、ついでに「馬の背」と「細島灯台」と「クルスの海 」も見てきた訳だ。

e0183106_23521418.png


まずは大御神社にお参り。

e0183106_2345825.jpg


この神社は海岸に有るので、裏はすぐに浜辺。

e0183106_23453675.jpg


砂浜から柱状節理がニョキニョキ生えていていい感じ!



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1/800s, f/5, ISO100


大御神社の神座(かみくら)は「さざれ石」。

e0183106_2353949.jpg


この辺りの地層はちょっと変わっていて、さざれ石と柱状節理が隣り合って露出している。

e0183106_23554413.jpg


そして、お待ちかねの「昇り龍」がある鵜戸神社は50mほど離れた崖の下にある。
e0183106_23565151.jpg


洞窟の中に入り、床に書かれた印の位置から振り返ると、、、
シルエットが、なんとなく龍っぽい(笑)



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(50mm)
1/1000s, f/5, ISO100


ここでもジョウビタキに会った。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm)
1/249s, f/5.6, ISO100



「昇り龍」の写真以外はD600で撮ったので、夜にでも追加します。
4ヶ月経って、やっと写真を追加・差替えしました。肩の荷をおろしたぜ(笑)



by river_kingfisher | 2016-05-29 20:13 | ZIL480旅 | Comments(0)

クルスの海

■2016/01/19 13:34:初稿
■2016/05/28:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


私はナビの指示で逆側から入ったので後回しになったが、「馬の背」よりちょっと手前に「願いが叶う・クルスの海」というのが有る。

e0183106_23163565.png

何の事かと思ったら、入江がクロスしているらしい。
早速行ってみた。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(56mm)
1/499s, f/5, ISO100


「馬の背」同様に、オマケで来たけど、なかなか良かった。
ここもカヤックで入ると楽しそうなフィールドだ。
次の予定が入っているので今回は下調べとして、次回はカヤックをやろうと決めた。

「願いが叶う・クルスの海」というだけあって、ここにも「恋人たちの聖地」に付き物の鐘が有った(笑)。

e0183106_23242391.jpg




by river_kingfisher | 2016-05-28 18:27 | ZIL480旅 | Comments(1)

日向岬の馬の背と細島灯台

■2016/01/19 13:27:初稿
■2016/05/26:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


2016/1/19は道の駅「つの」で朝を迎え、高千穂に向かう途中の延岡市に入る前にMapに「馬の背」という地名が有ったのに引かれて予備知識なしで来てみました。

e0183106_16542564.jpg

説明看板に「日本一の柱状岩」と書いてあるので、かなり期待できそうです。

「現在地」にZILっぺを止めて、サチを連れて右回りで回ってみます。
e0183106_16542769.jpg

上の案内図の「展望所」からの眺め。
あながち嘘でもなさそうな70mの垂直な柱状節理は見応えタップリです!
こうやってあちこちで柱状節理お見ると、日本は本当に火山の島だなぁ・・と感じます。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1/640s, f/5, ISO100, Trim


「日向岬展望台」に向かいます。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1/499s, f/5, ISO100


水もきれいで、ぜひカヤックをやりたいフィールドです。



iPhone 6 Plus back camera


これはぜひ海側から見てみたいものです。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm)
1/249s, f/5, ISO100


こんな場所で聞くと、聞き慣れたカワラヒワ Grey-capped Greenfinch (Carduelis sinica) の囀りもいっそうキレイに聞こえます。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm)
1/160s, f/5.6, ISO100, Trim


そして馬の背の一番高い所に建っているのが「細島灯台」。
e0183106_13423812.jpg

昭和16年建設の、端正なスタイルの灯台です。



by river_kingfisher | 2016-05-26 21:55 | ZIL480旅 | Comments(2)

都井岬の野生馬

■2016/01/18 22:30:初稿
■2016/04/21:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


2016/1/18は都井岬灯台を見て、御崎神社でハヤブサを見たのだけど、都井岬と言えば野生馬。
しかし、灯台に行く道で見られるかと思ったのに、全然居ない!
でも、御崎神社にお参りしたら早速ハヤブサが出たので、馬も出るに違いないと戻り道をゆっくり走らせながら両側をチェックして行ったら、やっぱり居ました(^^)v

e0183106_22193523.jpg


馬というと、TVの競馬中継でのサラブレッドを見慣れているので、一回り小さな御崎馬(みさきうま、岬馬)は短足で可愛く感じる(^o^)。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(250mm), 1/4000s, f/5.6, ISO400



1頭の牡と数頭の牝とその仔馬で形成されるハーレム単位で行動しているらしいので、この少し大きめの黒いのがハーレムの主なのかも。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/4000s, f/5.6, ISO400



こちらは別の群れ。こんな岩場に居るのを見ると、いかにも野生馬という感じがする。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/3200s, f/5.6, ISO800


馬を撮るために斜面に登ったので、ついでにZILっぺの勇姿を撮影。
この1週間後にこんな事になるとは思っても見なかった…



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(40mm), 1/3999s, f/5.6, ISO800


都井岬を後にして日南海岸に向かっていたら、サーファーが集まっているビーチが有ったので、ちょっと撮影。
しばらくカメラを構えていたけど、こんな日本らしからぬ良い波なのに乗らない奴らばっかりだったので、先に進むことにした。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/3999s, f/5.6, ISO800


野生の猿が芋洗いを最初に行ったのが観察された幸島。
百匹目の猿現象」という言葉の元となった行動だ。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(36mm), 1/1600s, f/5.6, ISO200


お昼時だったので、幸島への渡し船の出るビーチの駐車場でカレーをチンして食べた。
窓の外にイソヒヨドリが来ていたので、とりあえず撮影。ガラス越しなのでボヤボヤと締りのない画像です。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/640s, f/5.6, ISO200, Trim


このあとは鵜戸神社に向かいます。




by river_kingfisher | 2016-04-21 14:03 | ZIL480旅 | Comments(2)

都井岬灯台

■2016/01/18 20:40:初稿
■2016/04/20:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


2016/4/17は内之浦宇宙空間観測所を見学した後、都井岬方面に向かう。

内之浦から志布志湾をぐるっと回って都井岬に行くのだが、志布志湾にはオイルショックの時の経験を活かした志布志湾国家石油備蓄基地が有る。
破綻した国家プロジェクトの一つと言われるこの石油備蓄基地は見学できるはずなので、来てみた。
e0183106_14565089.jpg
が、立入禁止の看板がある。
ZILっぺを止めてネットで調べてみたら、前日までに予約が必要となっていた、ガックリ! _| ̄|○

あきらめて戻ろうと思ったら「柏原海岸・ルーピン畑」という看板が出ていた。あわててこれもネットで調べたらきれいな黄色いお花畑らしい。早速行ってみた。
e0183106_1513556.jpg

花が咲くのは4月なんだってさ、サチ・・・
e0183106_15151661.jpg


雨も降っているし観光はあきらめて、志布志の街でコインランドリーを探して洗濯。
国民宿舎 ボルベリアダクリの天然温泉「岬の湯」で入浴¥500。
翌朝都井岬に行くことを考えて、道の駅「なんごう」でP泊することにする。
この道の駅の裏山はジャカランダの日本で唯一の群生林が有るらしいけど、花が咲くのは5月下旬です。

晩御飯は志布志で買ったビンチョウマグロの漬け丼。
e0183106_15343440.jpg


翌朝は雨もやんでいい天気になった。
宮崎らしい並木道を進みます。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(68mm), 1/3999s, f/5.6, ISO3200


都井岬灯台(といみさきとうだい)は日本にある、中を上ることが出来る15の灯台の一つで、日本で3番目に高い地点に立っている灯台。入場料は¥200です。
e0183106_20563714.jpg

ちなみに私は15のうち4つしか登って無いと思います。灯台に関してもまだまだヒヨッコです。


昭和4年(1929年)12月22日に完成した灯台で、その後何度か改修されているが、このパネルのはまっている灯塔は最初のまま。
e0183106_1673320.jpg


中の螺旋階段がイイ感じなのだ。
e0183106_20563828.jpg


ライトの心臓部。萌えますね。
e0183106_210291.jpg


地震対策の免震装置が付けられてました。受付で聞いたら10年前に付けられたそうです。
設置時にはきっちりセンター出しをしてあると思うので、その後の地震でこれだけズレちゃったんでしょう。
e0183106_210541.jpg


このフレネルレンズを間近で見たかったんですがしょうがないですね。現役ですから。
e0183106_210922.jpg


場所自体が十分に高いので、灯台自体の高さはそれほどありません。
でも、環境と相まってとても美しい!



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm), 1/2000s, f/5.6, ISO200


いい天気なんですが、とにかく風が強かったです。
天気が良い日は内之浦のロケット基地や種子島まで見えると書いてあった。
e0183106_1733572.jpg

さすがに種子島は無理だったが、ロケットセンターやパラボラアンテナは見ることが出来た。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/1600s, f/5.6, ISO200, Trim



このあとは直ぐ下にある御崎神社に行ってみます。




by river_kingfisher | 2016-04-20 17:36 | ZIL480旅 | Comments(0)

本土最南端「佐多岬」

■2016/01/17 9:23:初稿
■2016/04/17:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


1/16の宿泊地は道の駅「根占」。
ZILっぺを停めた駐車場は波打ち際に面していて、ちょうど夕日が沈んでいくところだったので、サチの散歩を兼ねてちょっと写真を撮っておいた。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(48mm), 1/50s, f/8, ISO100


軽自動車でやって来て、沈む夕日を眺めながら物思いに耽るお姉さん。
夕日に照らされる横顔を撮りたかったけど、怪しい男と思われるのでやめました。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(45mm), 1/30s, f/8, ISO100


代わりに夕日に照らされたイソヒヨドリ Blue Rock-Thrush (Monticola solitarius)



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/40s, f/5.6, ISO100, trim




翌1/17は、突端好きとしては落とせない本土最南端の佐多岬にやって来ました。

途中にアコウの木から気根が垂れ下がっていた。帰りに普通に走ると間違いなくオーニングやキャリーに絡んでZILっぺにダメージを与えますね。帰りは気をつけなくっちゃ。
e0183106_23111444.jpg


岬の駐車場のちょっと手前に、だいぶくたびれかけた北緯31度線のモニュメントが有る。(しかし、ここは正確には31度ではなく31°00’16”らしい。)
e0183106_2305693.jpg


そして佐多岬の駐車場。ちなみに駐車場は無料です。
e0183106_09304071.jpg


現在、荒廃していた岬を再開発中らしいです。
e0183106_09304030.jpg


昔はレストランがあって、その後廃墟になっていたらしい場所を整備してました。
e0183106_23142198.jpg



そして、ここが九州最南端。グルリのパノラマ。
まあ、どこにでもありそうな岬の風景ですが、ソテツとかの亜熱帯性植物が最南端らしいですね。



iPhone 6 Plus back camera 4.15mm f/2.2(panorama), 1/599s, f/2.2, ISO125


佐多岬灯台。
大輪島にあるので、行くことは出来ない。江戸条約によって建設された8ヶ所の灯台の一つだそうです。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(78mm), 1/249s, f/8, ISO800


相変わらず、サチは余りカメラ目線をくれない。
e0183106_09304119.jpg


風が強くて耳がヒラヒラ(笑)。
e0183106_23263230.jpg




by river_kingfisher | 2016-04-17 09:52 | ZIL480旅 | Comments(0)

桜島

■2016/01/16 14:20:初稿
■2016/04/17:画像と説明を追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


2016/1/16は道の駅「喜入(きいれ)」で朝を迎える。
昨晩は道の駅にある「八幡温泉保養館」で入浴。安い(¥300)けど、シャンプー石鹸は自前。

しっかり寝たおかげか、とりあえず熱が下がったので、フェリーで桜島に渡るために鹿児島に向かいます。
鹿児島には余り見たい所は無かったので素通りしてフェリー埠頭に行きます。




Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(135mm), 1/1600s, f/7.1, ISO400

鹿児島側からフェリーに乗ると、誘導されてそのままどんどん船に積み込まれてしまいます。料金は桜島で払うのだけど、いくらなのかもわからないまま…
¥1,600でした。

今日は雲一つ無い、良い天気です。フェリーから桜島がよく見えます。
e0183106_14272667.jpg


上空をミサゴが通過。ちとブレてます。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/800s, f/7.1, ISO400


振り返ると鹿児島の市街地が見える。
e0183106_1185467.jpg



桜島に上陸したら、とりあえず埠頭近くの道の駅「桜島」 火の島めぐみ館に行って情報収集。
あまり有益な情報は有りませんでしたが、桜島ダイコンが植えてありました。初めて見たかも。
e0183106_10215228.jpg


左回りに島を回ってみる。
烏島展望所。
昔は烏島という500m離れた小島だったのが、大正3年(1914年)の大噴火の溶岩で地続きになったらしい。小高い丘になっているので雄岳がよく見えます。
e0183106_14272642.jpg



赤水展望広場には2004年の長渕剛のオールナイトコンサートを記念して2006年に作られた「叫びの肖像」のモニュメントが有る。
別に長渕には何の思い入れも無いけど、通ったので一応(笑)。
e0183106_14272703.jpg
こんな物でも観光資源になるんですねぇ。


桜島の黒神埋没鳥居。
これはまあまあ有名らしい。大正の大噴火で埋まったもの。当時の村長さんが「後世に噴火の記憶を残そう」と掘り出さずに残したらしいです。おかげで観光資源になってます。
e0183106_14272719.jpg



埋没鳥居で検索したら出てきた、もう一つの埋没鳥居の「牛根麓稲荷神社の埋没鳥居」。
こちらは大隅半島側の垂水の個人の私有地内に有るが、2012年に垂水市が遊歩道、展望広場、駐車場などの周辺整備を行って公開したらしい。
黒神と違って、道がちょっと分かりにくい。小さな立て看板を目印に村落を登って行くと駐車場がある。
e0183106_11162125.jpg

途中でずれてしまっていて、こっちの方が風情がある。
こちらは完全に埋まっていたものをここまで掘り出したらしい。
e0183106_14272726.jpg


神社に登る途中で、桜島がきれいに見えた。



Nikon D600, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(28mm), 1/1250s, f/5.6, ISO200


上の写真の右下の畑が何を作っているのか気になったので確認してみた。
何かに袋掛してあるのは分かったが、それ以上は分からなかった。が、後で写真を拡大してみて葉っぱの形で「ビワ」だと判明。
「桜島びわ」は地域の特産品として有名らしい。
e0183106_11243271.jpg


久しぶりにミヤマホオジロ Yellow-throated Bunting (Emberiza elegans)を見つけた。
遠くて後ろ姿なので証拠写真だけ。
e0183106_1129476.jpg


この後は垂水を通って、ねじめ温泉・ネッピー館(¥330・石鹸自前)で入浴。
道の駅「根占」でP泊します。




by river_kingfisher | 2016-04-17 09:51 | ZIL480旅 | Comments(0)

指宿の砂風呂

■2016/01/15 19:54:初稿
■2016/04/14:画像と説明を大幅に追加
■2015/12/23〜2016/1/25の34日間の山陰・九州旅行のIndexはこちらにあります


2016/1/15の朝は道の駅「山川港活お海道(やまがわみなといおかいどう)」で迎えた。
e0183106_2324862.jpg

風邪の熱が有ったので、お昼までゆっくり寝たら熱も下がったけど、料理を作るのが面倒になったので、道の駅の食堂で「かつお大トロかば焼き丼」¥580を食べる。
e0183106_23284331.jpg
美味しかったけど、メニューの写真とはだいぶ違う、器が大きくなったんだと解釈しよう(笑)。
e0183106_23313835.jpg


そして、指宿と言ったらなんと言っても砂風呂。
ちょっと風邪気味だけど、これは外すわけにはイカンだろうと行ってきました。

指宿温泉 砂むし会館 砂楽。料金は後の洗い流しの温泉付きで¥1,080。温泉単品が¥610だから、お得な感じですね。駐車場は会館の無料駐車場が有りました。キャンカーでも問題なく止められます。
e0183106_19582989.jpg


大浴場の更衣室で裸になってから、渡された作務衣のような浴着に着替えて、自前のタオルとカメラを持って海岸に出ます。
確かに波打際から湯気が立っている!
e0183106_20080628.jpg


カメラを持っていくと、おば様が埋め終わった後で写真撮影してくれます。アングルを変えて3カット撮ってくれました。
e0183106_20080692.jpg

見ての通り、体の上に乗っている砂の量は知れてますが、これが意外に重い!
落盤事故で生き埋めになったら、絶対に自力脱出なんか出来ないだろうと思わせてくれました(笑)。

気候がいい時は波打際で埋めてくれるらしいのですが、今の時期は全天候グランドで埋められます。
e0183106_20080643.jpg


全天候グランドを外から見るとこんな感じです。
e0183106_2344982.jpg


他人の汗をしっかりと吸った砂はどんなもんなんだろうと思ってましたが、クリーニングタイムが設定してあり、消毒してました。
e0183106_20080781.jpg

やっぱり気にする人が居るんだなぁ〜。


この日は道の駅「喜入(きいれ)」でP泊。
途中のスーパーで買ったカツオのタタキで一杯。
e0183106_2339161.jpg


ところで、今朝は下がった熱がまたちょっと出てきた。と言っても37.5度で大した事は無いんだけど。
もう寝る事にします。



by river_kingfisher | 2016-04-14 11:34 | ZIL480旅 | Comments(2)