カテゴリ:ZIL480車内( 143 )

清水タンクの消毒

キャンカー関連記事を参考にさせて頂いているレオじじいさんのブログで清水タンクの消毒の記事があった。赤ちゃんの哺乳瓶を消毒するミルクポンを使うという物だ。

そういえば、私もZILっぺを買ってしばらくした頃に、生活用水系をキッチンハイターで漂白消毒した事がある。数回水通ししても、なかなか塩素臭さが抜けずに嫁さんに不評だったのだが、今回のレオじじいさんの記事を読んで、次亜塩素酸ナトリウム濃度をざっと計算してみて納得した。

私はその時、約40Lの水が入ったタンクにキッチンハイターを丸々一本投入したので、次亜塩素酸ナトリウムの濃度は0.09%位になっていたのだ。
次亜塩素酸ナトリウムは厚生労働省の認可・食品添加物として認められており、使用する際の濃度は10〜60ppmらしいので、比率だと0.001〜0.006%になる。許容レベルの15〜90倍の濃度の塩素を使ったのだから、そりゃ塩素臭い訳ですわ! ε-(´∀`; )。

Nobleが納車されても当分は塩素消毒は不要だと思うが、暇なのでAmazonで購入できる次亜塩素酸ナトリウム溶液の一覧とそのコストパフォーマンスを計算してみた。但し、あきらかに高コストな物は最初から省いてある。

e0183106_0123157.png

次亜塩素酸ソーダ」というそのものズバリの商品は本体価格は¥257円で、送料抜きならgあたりのコストが¥8.6円と一番安いのだが、残念ながら送料が¥540円と高いのがネックだ。

で、登場するのがやはりキッチンハイター。gあたりコストが¥5.2円とべらぼうに安い!
但し、キッチンハイターには洗剤成分が入っているので、通常の使い方なら充分なすすぎが必要となる。
それに対して、他の商品には次亜塩素酸ナトリウム以外は入っていないので、指定の濃度に希釈してあればすすぎは不要となっている。

ミルトン指定の80倍希釈(1時間以上の浸漬)だと、11gの次亜塩素酸ナトリウムを80,000ccの水で割るので、0.0138%の溶液になります。20倍希釈(数分の浸漬)だと、0.055%ですね。
対してキッチンハイターの指定は、哺乳びんの除菌には5Lの水に50mlとなっているので、0.059%になります。だいたいミルトンと同じです。除菌に必要な次亜塩素酸ナトリウム濃度は決まっているので、同じ指定でなければおかしいのです。

ということはZIL Nobleの60Lの生活用水タンクに目一杯水を入れて0.059%の次亜塩素酸ナトリウム水を作るには、どれだけキッチンハイターを入れれば良いのか?
計算してみると、60,000ccで0.059%だから35.4gの次亜塩素酸ナトリウムが必要になる。ということは、キッチンハイター1本の含有量36gに近いので、1本が適量になります。

って事は、ZILっぺの時もそれほど濃かったわけではないんだなぁ…

ひとくちメモでした(^o^)。



by river_kingfisher | 2016-03-31 18:00 | ZIL480車内 | Comments(2)

サービスコンセントのヒューズ切れの原因が分かった

1/1のエントリーのサービスコンセントのヒューズ切れの原因が分かった。
e0183106_17113342.jpg

ノートPC用のDC-ACコンバーターのケーブルが、加水分解してボロボロになってショートしたようだ。
e0183106_2320574.jpg
このコンバーターは2001/10/1に購入しているので、製造されてから16年以上経っているのでしょうがない気もするが、やっぱり許せんなぁ・・・日本製ならもっと長寿命が当たり前だから。
とりあえず応急修理をしたが、帰ったらすぐに修理しなければ。


■2016/2/24追記
コードを取り換えて漏電しないようにしました。
e0183106_10223499.jpg




by river_kingfisher | 2016-01-22 17:19 | ZIL480車内 | Comments(0)

スナップ破損の修理

ZILっぺの昼間用のレースカーテンを止めるスナップと、天井の換気扇の断熱プラダン止めのスナップのかしめが相次いで破損して外れてしまった。
e0183106_12251561.jpg


換気扇は残り3箇所でもとりあえず止まるので、この3日ほどはごまかして使っていたが、カーテンは使用不能で、昼間も夜間用の遮光カーテンを使わざるを得ず、不便をしていた。

通りすがりのホームセンターでスナップを買おうと思ったが、在庫していない(今まで置いているHCを見た事がないから、当然かもしれないが…)。
代わりになりそうな物を購入。
e0183106_12251697.jpg


まず、蓋側に通し穴を開ける。
e0183106_12251646.jpg


ネジで止めようとしたら、頭がオス側に干渉して止められず、頭の薄いアルミリベットを使う事にした。
アルミリベットを通して、かしめて完成。
e0183106_12251687.jpg


不可欠なカーテンを先にやったけど、後の方がうまくなるのは物の道理で、換気扇カバーの方がきれい。
e0183106_12251667.jpg


これで旅が不自由なく続けられる。

結局M3x8のネジとステンワッシャーは使わず返品した。リベット¥129、4mmネジ(ワッシャーのみ使用)¥103の、計¥232円で修理完了。




by river_kingfisher | 2016-01-12 12:13 | ZIL480車内 | Comments(0)

サービスコンセントがヒューズ切れ

e0183106_21403039.jpg

Zilっぺのベッドの下に付けてある12Vのサービスコンセントが突然死んだ。そういや、昨日PCを使った時に、なんか変な感じだったような気がする。

もともとこのコンセントは今付いている場所の裏側に販売店が付けたもので、配線を調べたらべパストのFFヒーターから分岐で電源を取っていた。しかもヒューズ無し。
FFヒーターはサブバッテリーから直に電源を取っているから、そこからヒューズ無しで分岐するのは危険なので、自分でセカンドシートの下にヒューズボックスを付けて運用していた。

しかし、Zil480のTVステーを撤去した時に、TV用の12V配線が余ったので、サービスコンセントの電源はそちらに切り替えた。TV用の配線はサードシートの下のヒューズボックスにヒューズが配置されているのだ。
これにより、メインスイッチでサービスコンセントがの電源もオフされるようになった。(FFヒーターはメインスイッチではオフしない)

長くなったが、今回サービスコンセントのヒューズを替えようと、自分で付けたヒューズボックスを見てヒューズが刺さって無いのでアレレ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ となった。
切り替えたのを完全に忘れていたのだ。

思い出すまで一苦労したので、自分のメモのためにこのエントリーを投稿しておく。読んでしまった人、ごめんなさい。他人にはほとんど役に立たない情報です。

※ガラス管タイプの15Aのヒューズが切れていたが手持ちは10Aと20Aだったので10Aを付けた。10Aも最後の1本だったので、購入しておくこと。


■2015/1/22追記:ショートの原因が分かりました。DC-ACコンバーターのコードでした。


by river_kingfisher | 2016-01-01 21:12 | ZIL480車内 | Comments(0)

サチの自動補充水入の改善

e0183106_1733562.jpg

2015年10月に自動補充式にしたZILっぺのサチの水入だけど、奧利根湖への山道を調子に乗って飛ばした後で見たらダイネットが水浸しになっていた。
今までなら器の水がこぼれて終わるところが、自動補充される為いつまでも溢れ続けたようだ。
それからは山道で飛ばさない慎重な運転を試みているが、根本的な対策も必要だ。

旅行中だけど、ふと思い付いたので、まずは受け皿からあふれにくくする工夫をしてみた。

e0183106_12051592.jpg

と言っても、隙間スポンジをヘリに貼っただけ。
これで少しでもあふれるのを防げれば良いんだけど…
でも左右の揺れに対しては対策になってないなぁ〜

使っている隙間スポンジが所々切れているのは、ZILっぺのバンクに置いてあったこのテープを、ノンタンが見つけて袋の上から噛み噛みしたせいです。あいつは色んなものを見つけては穴を開けてうっぷんを晴らします(笑)。




by river_kingfisher | 2015-12-24 11:52 | ZIL480車内 | Comments(0)

サチ用水入れの自動補充化

サチはやたら水を飲みオシッコをする。ペチャペチャ音がしないな?と思うと水が無くなっている。
なので、水を自動で補充するようにした。
e0183106_17311030.jpg

ケージに取り付けて先っちょをぺろぺろ舐めて給水するタイプの保水機の先の金属キャップを外して中の金属球を取っただけ。
これで減った分だけ水がペットボトルから落ちてくる。
e0183106_1733562.jpg

ZILっぺの走行中に揺れてこぼれた水は、外の四角いトレーに収まる(はず)。
設置に手間取ったので、想定より水が沢山溜まってますが、実際はもっと水位は低いです。


ついでに、ZILっぺの小さいシンクでは洗いにくかったまな板の四隅を少し落として、洗い水がシンクの外にこぼれるのを少しでも減らすようにしました。
e0183106_17362561.jpg


■22:03追記
自働水補充機の調子は非常によろしいです。ついつい欲張って入れ過ぎて悪路でこぼれる事がなくなりました。



by river_kingfisher | 2015-10-07 19:00 | ZIL480車内 | Comments(0)

風が出るシートクッション

e0183106_22095452.jpg

カインズを歩いていたら「風が出るシートクッション」というのを売っていた。
最初に見たのは¥980円の安っぽいので、ちょっとチャチだったのだけど、横にあった写真の物は¥1,980円と倍以上だったけど、意外にしっかりとした作りだったうえに、勝手に袋から出してテストしてみた感じも良かったので、購入。

写真の左側の突き出した部分が風を送るファンで、シートの中はちょっと固めで導風構造になっている模様。
右側の突起を背もたれとの隙間に挟み込んでずれ止めにする。
e0183106_22095559.jpg


ごく普通の12Vファンが入っているようだ。
e0183106_22095540.jpg


一応回転数は無段階でコントロール出来るようになっている。
e0183106_22095517.jpg


薄いクッションの厚さの中で、風が通る空間を確保しなければいけないので、クッション性は低く固め。長時間座っているとお尻が痛くなるかも知れない。
e0183106_22095679.jpg


ちょっと色々有って、8月は出かけられなかったので、ガソリンを入れに数百メートル走っただけだが、お尻の下から風が出てくるのは思いの外涼しくて気持ち良かった。
問題はクッションの硬さで、長時間座ってみないと耐えられるかどうか不明。

でも、今年の夏はもう終わってしまいそうだ…(笑)


■2015/11/20追記
たまたま思い出したので追記しておきます。
いつだったか、まだ涼しくなる前に試しで使ってみたら電源からノイズが出るようで、オーディオが聞いてられない状態でした。次回はノイズ防止にフェライトコアをかませて試してみますが、暑くなるまで覚えちゃいないだろうなぁ〜




by river_kingfisher | 2015-08-28 21:54 | ZIL480車内 | Comments(6)

エアコンがまたまた壊れた

東京を出発して、なんかエアコンの効きが悪いなあと思っていたけど、今日の昼になってエアコンが全く 効いて無い事が判明。
悩んだ末に、バンテック愛知に途中下車して相談した。

どこから冷媒が漏れているのか見つけるのは至難の技なので、ホントは1週間預かって直したい。とおっしゃる。
たまたまバンテック本社(所沢)の方が出張で来ていたので、相談の上まずは冷媒を入れて様子を見て、旅行後に所沢で再度チェックするという事にした。
e0183106_1454375.jpg

ガスは4本も入れていた。リア走行クーラーがあると、それだけ充填必要量も多いのかな?

e0183106_18113533.jpg
とりあえず、事務所で新車を見ながらガス入れ待ち中。
見ると欲しくなるから、なるべくキャンカーショーとか行かないようにしているけど、やっぱり新しい車種は良いですね。ZILノーブルが置いてあったけど、フル装備でかっこいい!

去年に引き続き、汗ダクの旅行になるのか…


■この旅行のIndexはこちら



by river_kingfisher | 2015-07-19 17:57 | ZIL480車内 | Comments(0)

インバーターのリモコン交換

ZILっぺには未来舎のFI-S1500GRSという1500WのDC-ACインバーターがついているのだが、そのリモコンのREMO-151というのが買った時から調子が悪かった。

本体のメインスイッチをオンにしてREMO-151をオフの状態(これがデフォルト)で、時々本体からピーピーと音がして、メインスイッチの横のLEDがチカチカ光ったりした。ただし、この状態でもACは出力されていなかった。
REMO-151でONにしてAC使用の時は音はせず、正常にACは使用できていたのだけど、普段ピーピー音が鳴るのが煩わしいし、なんだか不安だ。
2012年3月に、バンテックで水中モーター交換した時に聞いてみたら、「コードかリモコンスイッチか本体か、どこが故障しているか分からない。今リモコンとコードの在庫がないのでテストできない。」と言われたので、未来舎にメールで相談してまずは安いケーブルを交換してみた。
すると故障は解消したので、問題はケーブルだったということで一件落着していたのだけど、3年経って今度はリモコンスイッチを押してもオンにならないという障害が発生した。

そもそも、このリモコンスイッチは最初から調子が悪かったようで、私がZILっぺを中古で入手した時からスイッチの中央は押し過ぎで破れていた。
e0183106_15575080.jpg

前回はケーブル交換で復活したけど、今回はスイッチであろうと推測して、スイッチを取り寄せた。
e0183106_15591127.jpg

交換したらあっさりと復帰。今まで何回か押さないとオンしなかった事もあったが、確実に1回のプッシュでオン・オフ出来るようになった。

外したスイッチ筐体をばらしてみたら、意外に複雑な回路構成になってて驚いた。スイッチごとしで六千何百円は高いんじゃないか?と思っていたけど、意外にコストはかかっていそうだ。
e0183106_1614087.jpg


ドア上のパネルを外したついでに、ライト消し忘れ警告の位置を右隅から左隅に動かした。
e0183106_17381916.jpg

e0183106_1632563.jpg

右隅だと昼間に車から降りる時にチカチカしていても気付かないことが数回有ったので、降りる時に顔が向く位置にリード線を伸ばして動かしました。

これで、昼間も気付かないということは無くなるんじゃないかと期待します。



by river_kingfisher | 2015-07-18 16:11 | ZIL480車内 | Comments(0)

トースターを設置する

ふとZILっぺにオーブン・トースターがあると便利じゃないかと思いついた。電力消費は大きいけど、どうせ電子レンジだって使っているんだから同じようなものだ。

問題はどこに設置するか。ZILっぺにはもうあまり場所が残っていない。
うちで使っているトースターのサイズを測って、ZILっぺの中で頭をひねること5分。良いアイデアを思いついた!

思いついたら、すぐに行動。カインズで安いのを購入。¥1,980円。
昨日作ったステーを取り付ける。
e0183106_18235461.jpg

ステーを伸ばした時はこんな感じ。
e0183106_18243235.jpg

トースター本体のサイズはそれほど大きくないけど、使用時に結構熱くなるので、まわりにすき間が必要になる。取り説によると両サイドと後ろは4.5cm、上は10cmあけろと書かれている。しかもサイドの片側は開けた空間にしろと…
これをZILっぺの中で実現するために可動式のステーを作った

収納時には後ろと上のすき間は無し。使用時に引き出すと、後ろと上に10cmのすき間が出来る。
e0183106_18274859.jpg

ただし、置き場所は食料庫(と言う名前のトイレ・笑)。ここしか場所が無かったんです。
e0183106_18294647.jpg

コンセントはあえてトイレ内には設けずに、電子レンジから分岐した延長コードをトイレ近くに遊ばせておいて、使用時にトースターからコードを伸ばすことにした。
e0183106_18322838.jpg


とりあえずいい感じなんだけど、こんな適当に作ったヤワなステーがいつまで保つのだろうか・・・ちょっと心配だけど、普段は棚にショックコードで固定する予定なので大丈夫だろう。


■2015/9/17追記
やっとトースターを使いました。いい感じです。


■2016/1/10追記
年末年始の九州旅行で何度もしまい忘れて走行しましたが、今の所不具合は出ていません。落下どころか、ネジの緩みもなし!(^-^)v



by river_kingfisher | 2015-07-16 19:00 | ZIL480車内 | Comments(4)