史跡尾去沢鉱山

8月31日に八幡平でトレッキングした後、秋田側に降りて鹿角市にある「史跡尾去沢鉱山」に行ってきました。

ここはいつもブログを拝見しているkkaiさんがレポートしてくれていて、とても僕の感性に合っていたので八幡平のついでに寄ってみたのでした。

もう、予想通りの場所で、午後いっぱいをしっかり楽しむことができました。

e0183106_21352684.jpg

坑道内は寒いらしいので、秋服です。もちろん手袋も忘れずに持ってます。帽子はヘッデンの光がメガネに乱反射しないようにかぶります。

カメラは内蔵スピードライトをコマンダーとして使えるD600にして、外付けスピードライトにSB-900を持っていきます。この組み合わせだと、スピードライトを左手に持って、カメラから離して光らせることが出来るので、直炊きよりも陰影がついた立体感のある写真を撮ることができます。
動画はハーネスで胸に固定したGoPro HERO5 Sessionを用意。

灯りはヘッデンと強力マグライトで万全です。ちなみに、ポケットには予備のヘッデンとマグライトが入ってます。


お客さんは僕以外には姿なし。じっくりと暗闇の世界を一人で堪能できます。

e0183106_21483077.jpg



坑道内は無駄に明るくなくて、いい感じです。
逆に、ライトを持ってない普通の観光客には暗いんじゃ無いかと心配になります。

e0183106_21501268.jpg



真っ暗な坑道内に置き忘れられた脚立。

e0183106_21523393.jpg



灯りのない横坑に水場。

e0183106_22000966.jpg



錆びて鉱石と同化しかかっているトロッコ。

e0183106_22044262.jpg



実際にここで働くのはとても大変なんだろうと思いますが、こうやって観光で眺めるだけなら最高の場所です。

e0183106_22065132.jpg



非公開で照明の無い真っ暗な行動の方が、整備されてなくて当時の姿がそのまま残っている感じでGoodです。

e0183106_22090988.jpg



入場料は¥1,000円ですが、その価値は十分に有りました。



by river_kingfisher | 2017-09-02 22:11 | Noble旅 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 史跡尾去沢鉱山の坑道内動画 道の駅「浅虫温泉」に居ます。 >>