カブトガニ博物館

近くに居て時間も有ったので、以前に新聞で読んだカブトガニ博物館に行ってみた。
土曜日だというのに、駐車場はガラガラ。正月休み疲れですかね?
e0183106_14304581.jpg


無料で入れる前庭が広くて、恐竜の実物大作り物が置いてあって、子供には楽しそうな場所です。
e0183106_14304636.jpg


カブトガニ博物館の建物は、カブトガニを模して居るのだとか。
e0183106_14304669.jpg

入場券を見てやっと納得した。
e0183106_14334683.jpg

カブトガニって、上から見てるぶんには可愛くて好きなんですが、裏側はちょっとキモい!エイリアンの第一形態(顔にベチャッと張り付く奴ね)を思い出します。
e0183106_14304614.jpg


ゆっくり展示を見たら2時間くらい経過。青空になってました。
e0183106_14304700.jpg

でも、入場料¥520はちょっと高いかなぁ〜。
色々とお金をかけて居るのは理解できるのですが、工夫が足りない感じでした。

でも、カブトガニの保護の為の寄付だと思えばそんなものかなとも思えます(笑)。



by river_kingfisher | 2017-01-08 08:00 | Noble旅 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ukkingdom.exblog.jp/tb/25134121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kjoe_yk at 2017-01-10 08:53
フェイスハガーでしたっけ?
カブトガニがモデルと言われたら素直に信じるくらい激似ですね。
カブトガニってやっぱりこんな感じで白っぽいんですよね。なぜか私の中はカブトムシみたいな濃い茶色のイメージが刷り込まれており白っぽいのに違和感を覚えます。小さい頃に見た図鑑のイラストが濃い茶色だったのかな?

岡山のカブトガニって結構大きいんですよね?一度は見てみたいもんです。
以前、熱帯魚ショップで売っていた輸入カブトガニはカブトの幅が5cmくらいの小振りなサイズでした。
Commented by river_kingfisher at 2017-01-10 09:43
>kjoeさん
カブトガニの殻を外すとフェイスハガーに成りますね。雰囲気はそっくりです。
カブトガニの上面はカブトムシほどでは無いけど茶色なんのに、裏は白っぽいので違和感と言うか、エイリアンっぽいんでしょうね。

世界に居るカブトガニの中で日本の奴は最大種らしいです。ショップで売ってたのは東南アジア産の別種だったらしいです。

そういや、タイのクラビの海岸で見たことあったなぁ〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 尾道水道の夕日 道の駅「笠岡ベイファーム」 >>