ZILっぺのドアロックが故障

■2015/06/29 00:22:初稿
■2016/03/16:画像と説明を追加

エントランスドアが開かなくなってしまった。

下側のデッドボルトが出っ放しになっているようだ。車中の赤ツマミは動くのだが、デッドボルトは動いていないようで、リンク棒が折れたんじゃないかと思う。
分解しようとしても内側の網戸が邪魔して、内側カバー固定ネジの3本目が外せない。後少しまで緩んでいるのだが、網戸に当たって外れない状況だ。
e0183106_029466.jpg

いろいろ頑張ってみたけど、どうにもならない。とりあえず、明日の朝明るくなったら、もう一度状況を確認してみることにして、今日はもう寝る。

どなたか、デッドボルトを引っ込めるいいアイデアは有りませんでしょうか?
(※結果的にデッドボルトではなく、ドアラッチが折れてました。)


■2015/6/29 07:52追記
Netで意見を聞き、何とか分解に成功してドアを開けることが出来た。予想したデッドボルトでは無く、ラッチパーツが折れていた。これからの旅を続けるか悩むが、とりあえず今日は波が無いので、カヤックをやろう!
e0183106_07563886.jpg



■2016/03/16 追記
同じ症状でこのページを検索して来られた方がいらっしゃったので、邪魔な網戸をこじ開けずにドアを開ける方法を追記することにした。

網戸のフレームの下のネジを外すのは非常に難しく、無理に開けることは網戸フレームに傷をつけることになります。ネットで教えて頂いた方法はドアの内側の飾りフレームを外す方法です。下の写真の赤矢印のビスをドアラッチ側上下3〜4本外すと隙間が開くので、あとは隙間から見えるドアラッチをマイナスドライバーなどでドアに押し込んで開けます。
ZILっぺの場合、隙間はそれほど広くなかったので、2本のドライバーで少しずつ押し込んでいき開きましたが、バネが硬いので結構大変でした。
e0183106_1212286.jpg



■修理の仕方は下記にあります
ZILっぺのドアラッチ修理:その2 [ 2015-07-08 19:00 ]
ZILっぺのドアラッチ修理:その1 [ 2015-07-07 19:00 ]



by river_kingfisher | 2016-03-16 12:15 | ZIL480車外 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://ukkingdom.exblog.jp/tb/23338989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by オジジ at 2015-06-29 06:43 x
私の車と同じ製品ですが・・
網戸を開ければ外れませんかね
Commented by river_kingfisher at 2015-06-29 08:14
>オジジさん
内側のフレームを外して、隙間から見えるラッチを押し込んで、やっとこさドアを開けられました。ラッチが無いとドアがパカパカなので、非常に不便です。
Commented by elf at 2016-03-16 02:27 x
私の乗っているキャンピングカーも同じドアロックで先日、ラッチが折れてドアが開けらなくなりました。私の場合も3本目のネジが外せず苦労しましたが、隙間にドライバーを差し込み無理矢理隙間を広げネジをドライバーで回し最後にはラジオペンチで回し、網戸を外さず内側カバーの取り外しに成功しました。網戸取手部に若干キズが付きます。ドアが閉まった状態でラッチをドライバー等で右側に動かしながらドアを内側から押すとドアが開きました。構造を確認しましたが、応急処置としては、ドアを開けた状態でラッチとラッチ奥のスプリングを外した状態にし、内部で破損して脱落した部品を取り除き、内側カバーを取付します。ドアがパカパカになりますが、内側カバー右側のロックレバーが作動すればロックはかけられます。外側カバー左側のロックを鍵でかければロックはかけられます。乗る度降りる度にロックが必要ですが、あくまで出先での応急処置です。就寝時のロックもできますし、車から離れる時のロックもできます。走行時は風圧でドアが開く可能性があるためロックが必要です。同じようなことになった方の参考になればと思いコメントさせて頂きました。
Commented by river_kingfisher at 2016-03-16 11:52
>elfさん
コメントをありがとうございます。
僕は深夜にサチの散歩に出て入れなくなり、かなり焦りました。散歩の時はエントランスドアの鍵しか持っていかないので…

上記の記事を書いた時は出先で焦っていたので、写真もなくて開け方をきちんと書いてなかったのですが、elfさんのように同じ事象で困る方の参考にするために、邪魔な網戸をこじ開けずにドアを開ける方法を追記することにしました。今日中にこの記事に追記します。

僕も旅から帰るまでデッドボルトでロックしてましたが、すごく不便でした。でも、ダブルロックが付いていて良かったと思えた瞬間でした(笑)。

破損ラッチ単品は売っていないので、修理はドアノブアッシー交換になります。それに関しては別エントリで修理方法をまとめてありますのでご参照下さい。
Commented by elf at 2016-03-16 20:42 x
追記見させて頂きました。参考になりました。ネットでドアロックが約3万円するのは見ていたので修理方法もとても参考になりました。しかし、写真をよく見させて頂きましたが、色々と調べたら、私のキャンピングカーのドアロックは現行モデルであることがわかりました。
参考 http://okamotorscp.blog118.fc2.com/blog-entry-1323.html
中古で購入した時にドアロックを新品に交換されたことをお店の方に言われたのを思い出しました。まだ2年も経っていないので、ラッチが折れた原因を考えてましたが、ドアステップに追加で装着したマットが原因のひとつだと思います。乗り降りする際にマットが少しズレてドアを閉める時に緩衝してた時がよくありました。また、ドアを閉める時に勢いよくドアを閉めていのも悪かったと思います。今思えばラッチに相当な負担がかかっていたのがわかります…。ドアラッチ部のスプリングが強すぎるのもあると思いますが…。修理の方向で考えてますが、知り合いに相談しながらやってみようと思ってます。ラッチも写真との違いもあり、また、白いプラスチック製の小さな部品の破損もありどこについていたのかもいまいちで、かなり難しい感じです…。
Commented by elf at 2016-03-16 20:54 x
上記
現行モデル→新型モデル に訂正です。ある意味合ってはいますが…。
Commented by river_kingfisher at 2016-03-16 22:15
>elfさん
elfさんのは新型のドアロックアッシーだったんですね。新型になって強化されているのかと思ってましたが、やっぱりあそこがウィークポイントのようですね。アメリカンだなぁ・・(笑)・
あのラッチはアルミダイキャスト製で、素材的にかなりもろい感じでしたからドアを閉める時の衝撃で折れやすいんじゃないかと想像します。
そういう意味では、番線でつないだ補修後の方が無理な力がかからないので、かえって耐久性が高くなったんじゃないかと思います。って言っても、廃車になっちゃったので確かめようも無いですが。
プラ部品が折れていたとの事、新型になって部品構成が変わったんですかね?
構造は単純なので、折れたプラ部品が重要な構造の一部でなければ、同じやり方で直せそうな気がします。頑張ってみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 端島(軍艦島):その4 端島(軍艦島):その3 >>