あと0日!

e0183106_152932.jpg

我が家の寝室にかけてある時計は下に日付と曜日がデジタルで表示されるようになっている。
普段は写真のように表示させているのだが、2年ほど前に電池を交換した時に、裏側の切り替えスイッチに気づいた。
年月日を指定すると、その日までの残り日数をカウントダウン日数として表示してくれるのだ。
早速2013年2月26日に設定して、リタイアする日までの日数が減っていくのを楽しんだ。
(後に会社の規定で誕生日の次の20日が定年退職日になるというのを知って、1ヶ月近くリタイア日が伸びて愕然とした・・・)

そして晴れて3/19にこの日付が「0」となった。
e0183106_14571152.jpg

こんな面白い機能なのに、今の機種ではもうこのカウントダウン機能は付いていない。
ニッチな機能だったんでしょうねえ・・・

翌日になったら「-1」を表示するか興味津々だったのだが「-- --」が表示されてガッカリ。
普通の日付表示に戻しました。



by river_kingfisher | 2013-03-19 14:56 | その他 | Comments(4)
Commented by cap65773 at 2013-03-21 20:09 x
こんばんは、国王様。
面白い仕掛けですね。
こんな機能を仕込んでいるなんて、イカス!
最近、こんな面白いことあまり見かけません。
すてきな世の中になって欲しいですぅ!!
Commented by KOU at 2013-03-21 22:55 x
>(後に会社の規定で誕生日の次の20日が定年退職日になるというのを知って・・・

うちの会社は10月から3月生まれの人は誕生日を過ぎた3月31日が定年の日です。
だから還暦まではもう2年切っているのに、定年まではまだ2年ちょっとある。
Commented by river_kingfisher at 2013-03-22 09:34
>cap65773さん
使ってみると面白い機能なんですが、あまり使い道は無いですね(笑)
私ももう使うことは無いだろうし・・・

昔はこんな??な機能を付けた機種が結構有ったんですが、今は遊び心がなくなっちゃいました。

Commented by river_kingfisher at 2013-03-22 09:35
>KOUさん
定年は会社によって規定が違うので、事前に調べておかないと戸惑いますね。案外、ぎりぎりになるまで無頓着だし。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 送別会 帰って来ました >>