AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

e0183106_2124890.jpg

■2014/10/16追記:このページを書いて3年以上経ちますが、相変わらず検索でこのページに来られる方が多いようなので、ちょっと追記しておきます。

私がFXボディで1本だけレンズを持って行く場合は、よほど絞り込んだ目的が有る時以外はこのレンズになります。絞り込んだ目的と言うのは、例えば鳥を撮る1本なら80-400かゴーヨンになると言うことです。
逆に言うと、ゴーヨン1本で済むはずだけど、いざという時用のもう1本がこのレンズになる、と言う事もできます。

高倍率ズームレンズに大きな期待をしなければ、このレンズはある程度の満足をもたらしてくれます。とっさにレンズを付け替えられない、そんな時にサブボディ(サードボディ?)にこのレンズが付いていると、悔しい思いをしなくて済むケースが増えます。

2014年9月のアフリカ・サファリで思ったよりもチャンスをものにしているのがこのレンズです。サファリ旅行:Indexからページを開いていただくと、恐らく納得していただけると思います。



この連休中に2泊3日で安芸の宮島・秋芳洞に観光に行くので、お手軽な高倍率ズームレンズが欲しくなって、ネットでちょこっと検索して、AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRというのを買ってきた。
銀塩の頃に同じ目的で、高倍率ズーム出始めの頃の28-200 f/3.5-5.6というのを買ったのだけど、AFは遅いし、鳥にはやっぱり200mmでは足りないので何とかしなくてはと考えていたのだ。
AF-Sとは言うものの鳥を撮るのに使えるのかどうか、テストをするために帰りに井の頭自然文化園に寄って試し撮りを行って来た。

e0183106_22304817.jpg
Nikon D3, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(190mm), 1/100s, f/5.6 ISO200, jpeg, NoTrim
網越しですが、周辺減光が非常に大きい。サムネイルを小さくするとそれがよく分かります。
e0183106_22325748.jpg
かなりはっきりと四隅が暗くなってます。もちろんRawデータからビネットコントロールを使えば簡単に補正できます。
e0183106_22342311.jpg
顔の部分のピクセル等倍切り出しはこんな感じ。
網越しというのを差し引いてもちょっと解像度は良くない。手持ちで適当に撮っているというのを考えれば、お手軽ズームレンズならこれでもしょうがないかもしれませんが。でも、テレ端じゃないんだから、もう少し頑張って欲しい。

少し絞り込めば良くなるかと、F8.0まで絞り込んでみました。
e0183106_213114.jpg
Nikon D3, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/125s, f/8.0 ISO200, jpeg, NoTrim
まだ四隅は暗くなってますね。まあ、しょうがないんでしょう。あとで補正するということで、撮影時には気にしないことにします。
e0183106_2137100.jpg
これも中心部分の等倍切り出し。サンヨンのキリっとした画像を見慣れていると、どうもぼんやりした感じになります。レンズ性能プラスVRのゆらぎなんじゃないかと想像してますが、どうなんでしょう?

さて、もっと気になる動体追従性。
せわしなく歩きまわるテンでチェックしてみました。
e0183106_2132189.jpg
Nikon D3, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(200mm), 1/400s, f/5.6, ISO2500, jpeg NoTrim
これはもう、目を覆いたくなるような悲惨な結果です。
暗かったこともありますが、ぜんぜんピントが追いつきませんでした。
e0183106_2132874.jpg
80コマ位シャッターを切って、なんとか許せるレベルは10コマだけ。
私が下手なこともあるかも知れないけど、サチをサンヨンで撮っている感覚からすると、歩留まりはサンヨンの1/3以下という感じです。

しかし、もともとこのレンズは1本だけで全てを済ませようという横着な目的の為に入手したものだから、実は最初からそんなに多くを望んではいません。
e0183106_2133431.jpg
Nikon D3, AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(300mm), 1/100s, f/6.3, ISO200, jpeg, NoTrim
止まっている鳥をじっくり狙える状況なら、許せるレベルの画質を提供してくれると思います。
e0183106_213464.jpg
等倍でこのくらい撮れていれば、まあ目的は達成していると思います。
そう思いませんか?


2011/05/01追記:テンの写真を撮ったときに、あまりにもAFが追いつかないのでマニュアルフォーカスで撮ろうと思ったけど、リングが根本君なのでとてもMFしにくい!
で、結局諦めてAFがで撮りました。

2011/05/02追記:このレンズを買ったのでもう絶対に使わないだろうAiAF28-200をヤフオクに出してみた。1万円を越したら嬉しいけど、厳しいだろうなあ…

AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR:その2
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR:その3




by river_kingfisher | 2011-04-30 22:51 | カメラ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ukkingdom.exblog.jp/tb/14697075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんた at 2011-05-01 03:08 x
お手軽レンズに良いかな?と思って試したことあります。
まずなによりも AF激遅!!!!
こりゃ、使えないとの結論でした。
やっぱり楽しちゃいけないと言うことですね。
Commented by river_kingfisher at 2011-05-01 12:19
>ぱんたさん
これは普段使いのレンズじゃなくて、あくまでも観光主体で1本しか持っていかない時のレンズでしょう。
観光と思って歩いているときに、「ありゃりゃ!あれは***じゃないか!でも、このレンズでは豆粒だぜ、トホホ・・・」って時に使うのさ。
だからAFスピードは諦めてもいいの。せめてマニュアルが割り込めるだけで我慢しなくては、なのだ(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新・野性の証明 西表島探鳥記その14:カンムリ... >>